2019年03月17日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

卒業証書授与、祝賀会@渋谷キャンパス

 式典終了後、経済・法・文・神道文化学部卒業生と別科・専攻科修了生は渋谷キャンパスに移動し、卒業証書の授与が行われました。応援団とドリル競技部SEALSが卒業生たちを出迎え、キャンパスは大変な賑わいとなりました。

 

 

 

 

卒業証書授与

 午後1時から、経済・法学部の、午後4時からは、文学部・神道文化学部・専攻科・別科の卒業証書授与が行われました。各学科のクラスごとに、担任の教員から卒業証書などが手渡されました。教員から大学で学んだことを心に刻み、幸せな人生を歩んで欲しいとエールが送られると、目頭を押さえる卒業生の姿も見られました。

 

 

祝賀会

 卒業証書授与終了後、経済・法学部は午後2時から、文・神道文化学部、専攻科・別科は午後5時から、それぞれ祝賀会が行われました。

 それぞれの祝賀会会場では御恵贈いただいた樽酒も振舞われました。

 4年間をともにした友人や恩師とともに語らい、大学生活最後の時間を楽しく過ごしていました。

卒業証書授与、祝賀会@たまプラーザキャンパス

卒業証書授与

 午前中の式典終了後、人間開発学部の卒業生は4年間を過ごしたたまプラーザキャンパスに移動し、卒業証書を授与されました。卒業証書授与を前に山田佳弘副学部長が挨拶に立ち「人間開発学部は指導者養成の学部。誰かのために、社会のために大きく視野を広げて頑張っていただきたい」とエールを送りました。卒業証書はルーム担当教員から一人ひとりに手渡されていました。

 

祝賀会

 卒業証書授与終了後、若木21に会場を移して祝賀会が行われました。各先生のゼミ毎にテーブルに集まり、先生やともに学んだなかまたちと楽しく語り合いました。

 最後は、今年度学部の10周年を記念して製作されたイメージソング「交叉点」を在学生たちが披露。出席者全員で声高らかに校歌を斉唱し卒業生たちは笑顔で学び舎を後にしました。

第127回卒業証書・学位記並びに修了証書授与式

 本日、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」で、第127回卒業証書・学位記並びに修了証書授与式が挙行されました。式は法学部、経済学部、人間開発学部が午前10時から、文学部、神道文化学部、神道学専攻科、別科神道専修が午後1時から行われ、学部・専攻科・別科合わせて約2,500人が晴れの門出の日を迎えました。

第127回卒業証書・学位記並びに修了証書授与式

赤井学長式辞 開式の辞、国歌斉唱の後、各学部、専攻科、別科の総代が登壇し。赤井益久学長から卒業証書・学位記並びに修了証書を授与されました。続いて赤井学長が式辞を、来賓の吉田茂穂國學院大學院友会会長から祝辞が述べられました。

 

武田神道文化学部長からの贈る言葉 午前の部では門広乃里子法学部長、橋元秀一経済学部長、田沼茂紀人間開発学部学部長から、午後の部では石川則夫文学部長、武田秀章神道文化学部長から卒業生・修了生に贈る言葉をいただいた後、卒業生総代の答辞が読み上げられ、4年間の学生生活の思い出や、両親はじめ関係者への感謝の言葉が述べられました。全員での校歌斉唱、在校生による「蛍の光」合唱があり、約1時間半で式典は終了しました。

学長特別賞表彰

学長特別賞 式典終了後に大学からの表彰が行われ、今年度の学長特別賞に選ばれた学生に赤井学長から表彰状が送られました。

若木育成会成績優秀者表彰

若木育成会成績優秀者表彰 在学生の父母によって組織される「若木育成会」から、成績優秀者の表彰が行われ、加藤圭子若木育成会会長から、賞状と記念品が贈られました。

 

前へ

次へ