2019年02月06日(水)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

神職養成講習会開講式

 第140回神職養成講習会が2月6日から始まりました。この講習会は、神社本庁の定めにより、必要な資格を短期間に取得させる目的に開設しています。今回は、直階44人、権正階24人が受講しています。

 午前10時からは開講式に先立ち、神殿で開講奉告祭が執り行われました。開講式では、赤井益久学長が「國學院大學は設立当初から神職養成を担ってきており、日本の国柄と文化を精緻に研究教育することに努めてきた。長い歴史と伝統に連なる意識を持ち、勉学に励んでいただきたい」と挨拶。続いて小野貴嗣東京都神社庁長が挨拶し受講生を激励しました。講習会は、直階が3月7日、権正階が9日まで行われます。

学位記授与

 本日11時30分から渋谷キャンパスで学位記授与式が行われ、赤井益久学長より荻原稔氏に博士(宗教学)の学位記が授与されました。荻原氏の学位論文は「井上正鐵門中・禊教の成立と展開」。

 赤井学長および金子修一大学院委員長からの祝辞の後、主査・副査の先生方から、祝意とともに今後の研究への期待も述べられました。

前へ

次へ