2019年01月26日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

國學院大學院友会 平成31年 新年院友交歓会

 本学の卒業生組織である國學院大學院友会の「新年院友交歓会」が、午後5時から院友会館大ホールで開催されました。今年は200名近い院友らが出席し、陸上競技部の箱根駅伝の快挙に始まった新年を御祝いしました。

 佐藤美穂・院友会副会長の開会挨拶の後、参加者一同で国歌斉唱。引き続き吉田茂穂・院友会会長が「今年は己亥の年。神のお使いであり、勇気を象徴する動物である猪のように信念をもってチャレンジする年にしたいと思うが、その通りの活躍を見せた(陸上競技部の)後輩たちの勢いを借りて、院友一丸となって母校を支えていきたい」と挨拶しました。

 次に赤井益久学長が来賓祝辞で、「みなさまのご声援のおかげで箱根駅伝での快挙が達成できた。また大学を取り巻く環境は年々厳しさを増す中、昨年度よりも志願者数が増加している。着実に発展を遂げるために今後もご支援多賜りたくお願い申し上げる」と述べました。

 続いて、坂口吉一理事長、赤井学長、加藤圭子若木育成会長、吉田会長による鏡開き、坂口理事長の発声による乾杯の後、懇談に移りました。

 懇談の途中、院友会が平成30年度の学術・スポーツ振興基金の目録を贈呈。恒例の落語家の三遊亭遊吉師匠(昭57卒・90期文2)の進行で、協賛団体から提供された豪華景品の福引き大会などが行われ、会場は大いに盛り上がりました。

 最後は國大小唄と校歌を斉唱し、針本正行・院友会副会長(本学文学部教授)による閉会の言葉と関東一本締めで閉会となりました。

ミュージアムトーク「刀の神と神の刀」

 1月22日(火)より本学博物館で開催されている特別展「神に捧げた刀―神と刀の二千年―」。そのミュージアムトーク「刀の神と神の刀」が本日午後2時から、渋谷キャンパス5202教室で開催され、300名弱の方が聴講されました。講師の笹生衛・本学博物館館長はそもそも人を殺傷する道具であった刀剣が神格化された過程を認知宗教の観点、あるいは本居宣長の『古事記伝』を引用しながら解き明かし、神として崇められた刀が実際にはどのような様相で、どのように祀られていたか等を、発掘された資料を元に丁寧な説明がなされました。

 メモを取りつつ熱心に聴講される方が多く、トーク終了後は足早に博物館に向かわれて、刀剣や資料をご覧になっていました。

 

 

親子で楽しむ運動遊び

 本日、午前10時30分から、たまプラーザキャンパス5号館多目的ホールにて、「2018シリーズ講座 親子で楽しむ運動遊び」が開催されました。本学人間開発学部地域ヘルスプロモーションセンターでは、ご近隣のみなさまにご参加いただけるイベントを。年間を通して開催していますが、このイベントはは小さなお子様の向けで、10月から数えて4回目の開催となりました。講師はモスクワ五輪代表選手で本学人間開発学部の笹田弥生准教授。大きな器具を使わなくとも、簡単な遊びの中で運動できることを、実演を交えて説明しました。


 参加者たちも講師と一緒になって様々な遊びを体験しつつ、最後はサーキット運動でケンケンパや平均台くぐり、肋木よじのぼり等の簡単な動作を通して、運動する工夫を身に着けていました。

中国文学科卒業論文発表会

 本日午後1時から、渋谷キャンパス120周年記念1号館の1105教室で、平成30年度文学部中国文学科の卒業論文発表会が開催されました。

 中国文学科では、各指導教員から選ばれた7名が発表を行いました。
 7人は学部学生としての4年間の集大成である研究成果を発表し、参加した同学年の学生や後輩たちは傾聴しながら、発表終了後には適宜発表者に質問を投げかけていました。

税理士試験合格者祝賀会

 本日、午後6時から渋谷キャンパス学術メディアセンター1階にあるカフェラウンジ若木が丘で税理士試験合格者祝賀会が開催され、合格した3人を祝うため多くの教員や修了生、後輩の大学院生が集まりました。

 開会の挨拶として石井研士副学長(大学院担当理事・神道文化学部教授)から祝福の言葉が贈られたあと、紺井博則経済学研究科委員長の発声で乾杯しました。

 

 

 

 祝賀会は教員からの挨拶や歓談を挟みながら、合格者が自身の経験や今後の決意を参加者の前で表明。合格者のひとり、三浦さん(平27修)は「國學院の特徴は今なお第一線で活躍されている実務家の先生に教えてもらえること。今日この場にいる方とは縁あって同じところで学ぶことが出来たので、今後も協力し合って、繋がりを大事にしていきたい。」と語りました。

 また、これまで多くの税理士試験合格者に関わった経済学研究科の小宮山隆客員教授からは、「今回の合格者たちは修了後もモチベーションを落とさずに合格まで頑張った。逃げずにやり切ったことは立派だと思う。」と合格者に賛辞を贈り、在学生を激励する場面もありました。

前へ

次へ