2019年01月10日(木)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

本田一成経済学部教授が日本労働ペンクラブ賞受賞

 日本労働ペンクラブが主催する2018年度の日本労働ペンクラブ賞の受賞者が発表され、本田一成経済学部教授の『オルグ!オルグ!オルグ!労働組合はいかにしてつくられたか』(新評論)が選ばれました。

 表彰式は、1月10日に日本記者クラブ(東京都千代田区)で行われた同会の総会の中で行われ、稲葉康生代表から賞状とトロフィーが贈られました。

 受賞作品『オルグ!オルグ!オルグ!労働組合はいかにしてつくられたか』は、「國學院大學学部研究調査出張旅費補助」(平成25年度から平成29年度)の研究成果の一部を利用して執筆され、業界最大の産業別組合である「UAゼンセン」のオルグ(オルガナイザー)たちがチェーンストアの労働者を組織化する過程を、インタビューに基づいて構成されたもの。

 

前へ

次へ