2018年11月18日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

ラグビーフットボール部 関東大学ラグビー2部最終戦

 関東大学ラグビー・リーグ戦グループ2部の今季最終戦となる本学ラグビーフットボール部対東洋大学との試合が11月18日、拓殖大学で行われました。開幕から5勝1敗と好調の本学。勝敗で並ぶ東洋大学との一戦に勝てば初の入れ替え戦が決まります。

 前半を2本のペナルティーゴールで先制した本学でしたが、逆転を許し6-7と先行されたまま後半へ。

 逆転勝利を狙う後半、立ち上がりに立て続けにトライを奪われ一時は15点差までリードを広げられます。その後、WTBの藤田爽太郎選手(健体4)のトライで試合の流れを引き寄せると、江上雄代朗選手(法3)=写真下=、桑原真諭選手(健体2)が立て続けにトライを挙げ、25-21逆転に成功しました。

 しかし、終盤に東洋大学に再逆転を許し、25-35でノーサイドとなりました。この結果、最終成績が5勝2敗・勝ち点22で関東学院大学、東洋大学に次ぐ3位でリーグ戦を終えることになりました。

全国神楽シンポジウム2018 ー「神楽学」の可能性ー 2日目

 宮崎県が主催(本学後援)する「全国神楽シンポジウム2018 ー「神楽学」の可能性ー」が11月17,18両日、渋谷キャンパスで開かれています。

 2日目の今日は、新谷尚紀本学文学教授による基調講演ののち、宮崎県高千穂町の野方野集落に伝わる「野方野神楽」の公演が行われました。本学文学部の小川直之教授によると、「野方野神楽」はつま先で舞うとのこと。このためのびやかな舞となる旨の説明があったことから、観客はみな足元によく注目しながら時折掛け声をかけたり、拍子を取ったりしながら見入っていました。

 

第4回オール國學院親睦ソフトボール大会

 本日午前10時から、たまプラーザキャンパスで、学校法人國學院大學と姉妹法人國學院大學栃木学園の教職員による「第4回オール國學院親睦ソフトボール大会」が開催されました。

 たまプラーザキャンパスの野球場とグラウンドには、各校から200名を超える教職員が集いました。

 

 

 

 例年助っ人として来てくれている大学硬式野球部員が今年も参加。開会式では、今年のドラフト指名を受けた清水君が、プロ生活に向けての意気込みを語り、会場からは拍手で迎えられました。

 

 

 

 


 坂口吉一理事長の始球式を皮切りに各試合がスタート。普段なかなか顔を合わせる機会がありませんが、各チーム優勝を目指し、熱戦を繰り広げました。

 

 

 

 

 

 全11チームによるトーナメント方式の試合の結果は「法人チーム」が優勝。2位は國學院高校「國高Aチーム」。3位は國學院大學久我山中学・高等学校/國學院大學附属幼稚園の「久我山Aチーム」となりました。

模擬面接指導会(たまプラーザ)

 11月17日、18日、たまプラーザキャンパスでは、就職活動が本格化する3年生を対象にした模擬面接指導会(基礎編)が開催されました。企業の人事担当者を講師に招き、午前中に集団面接、午後にはグループディスカッションと個人面接が行われました。

 模擬面接指導会は、本番の採用試験を想定して、それぞれの面接の基本やポイントの指導から、「知らないことを知る」「失敗から学ぶ」ことが出来る貴重な機会です。

 座学ではわからない面接のポイントを実際に体験し、講師からのフィードバックを受けた学生たちは、各自今後の就職活動に向けての土台作りとして、熱心に学んでいました。

前へ

次へ