2018年10月20日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

経済学部シンポジウム「仮想通貨とは何か」

 
本日、渋谷キャンパスにて、経済学部は國學院大學院友経済会、國學院大學経済学会と共催で経済学部シンポジウム「仮想通貨とは何か」を実施しました。
 
まず、紺井博則経済学部教授による講演「仮想通貨は通貨?」では、仮想通貨の課題や将来の展望の解説が行われました.次に、土田壽孝経済学部教授による講演「仮想通貨は投資商品?」では、仮想通貨の現状やブロックチェーンの仕組みについて解説が行われました。

 

最後に、オウケイウェイヴ代表取締役会長の兼元謙任氏に「ビジネスとしての仮想通貨」と題してご講演いただきました。仮想通貨の発行予定者の立場から仮想通貨未来について語って頂きました。また、同社が取り組んでいる感謝を価値化する新たな経済圏「感謝経済プラットフォーム」の開発について語って頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

講演後に秦信行経済学部教授を司会として質疑応答が行われました。本シンポジウムでは、現在大きな話題となっている仮想通貨の現状や課題、そして将来的な展望について伺うことができました。仮想通貨に関する知見を学術的な視点および実務的な視点から深める大変有意義なシンポジウムとなりました。

前へ

次へ