2018年06月30日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

全日本大学駅伝予選会 4年連続で伊勢路の切符獲得

 11月4日に熱田神宮ー伊勢神宮間で行われる全日本大学駅伝の予選会が、本日午後5時30分からさいたま市駒場運動公園陸上競技場(浦和駒場スタジアム)で行われ、本学陸上競技部は4年連続6回目の本戦出場を決めました。

 出場校20校から1チーム8名が2名ずつの4組に分かれて、それぞれ10,000メートルを走り、その合計タイムを競い上位8校が本戦の出場権を獲得します。30度を超える暑さの中始まった予選は、1組目で熱中症による棄権者が出るなど波乱含みの展開。

 各組ともスローペースで進む中、本学の選手たちは、1組目で臼井健太選手(2)が2位、2組目で小中駿祐選手(4)が4位に入るなど3組目までを走った6人全員が31分20秒以内にタイムをまとめ3組目終了時点で3位につけました。

 最終の4組目では、土方英和主将(健体4)と浦野雄平選手(経営3)の両エースが、外国人ランナーら各校の実力者に引けを取らない走りを見せ、29分台のタイムを記録。法政大学に次ぐ2位での予選突破となりました。

 結果発表後、前田康弘監督は「ここまで来たらトップ通過を狙いたかった。おごることなく駅伝シーズンで存在感を発揮できるようにしたい。全日本大学駅伝のシード校が今年から8校になる。まずはそこを狙っていきたい」、土方主将は「目標の3位以内を達成することができた。トップ通過が狙えたので悔しい。箱根駅伝の予選会(10月13日)が次の戦いになる。一人一人が自覚を持って戦っていきたい」とそれぞれ安堵感をにじませながら今後への課題を口にし飛躍を誓いました。

 

本田一成教授 日本労務学会第48回全国大会で講演

講演の様子 2018年6月30日(土)、日本労務学会第48回全国大会が九州産業大学で開催され、本田一成経済学部教授が、同学会2017年学術賞受賞者講演を行いました。

 学術賞は、日本労務学会の学術賞選考委員会が同学会会員の著作の中から最も優秀な著作を選考するもので、本田教授は、著作『チェーンストアの労使関係』(2017年、中央経済社刊、366頁、4800円+税)で受賞しました。

 日本労務学会では、同会全国大会で、前年度学術賞受賞者が記念講演を行っています。本田一成教授は、人的資源管理や労使関係などの専門家たちを前に、改めて受賞のお礼の言葉を述べるとともに、受賞作と新著『オルグ!オルグ!オルグ!』(新評論、2018年)の内容に沿って自説を展開した後、満場の拍手をもって称賛されました。

大祓(夏越の祓)

 本日午後4時より、渋谷キャンパスの神殿にて大祓(夏越(なごし)の祓)が執行され、大学役教職員・学生らが参列しました。日々の生活の中で知らぬ間に生じる罪穢れを祓い除き、無病息災を祈るため、古来より一年の区切りの6月と12月の晦日に斎行されてきた「大祓(おおはらえ)」の神事。参列者は人形(ひとがた)で体をぬぐい、切麻(きりぬさ)でお祓いをして、心身を清め、すがすがしい気持ちで今年の下半期を迎えられる準備を整えました。

 

 

前へ

次へ