2018年05月16日(水)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

観月祭稽古始

 本学の恒例行事となった「観月祭」。今年は10月20日(土)に斎行される予定です。今日は、その稽古始めが渋谷キャンパス有栖川宮記念ホールで開催されました。
 観月祭を担う神道系6部会(青葉雅楽会・瑞玉會・禮法研究会・みすゞ会・若木睦・萌黄会等)の学生らが集まり、約5カ月に及ぶ稽古がスタートしました。神道文化学部を代表して茂木貞純教授が、「来年は、新天皇陛下の即位の礼がある。雅楽や舞楽、神楽舞に今まで以上に関心が高まってくるだろう。それに応えられるように頑張ってほしい」と挨拶しました。続いてご指導・ご統括をいただく小野貴嗣先生(小野雅楽会会長・東京都神社庁長・本学兼任講師)から訓示と楽曲の発表が行われました。

前へ

次へ