2018年03月18日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

卒業証書授与、祝賀会@たまプラーザキャンパス

 

卒業証書授与

 午前中の式典終了後、人間開発学部の卒業生はたまプラーザキャンパスに移動し、4年間を過ごしたキャンパスでの卒業証書を授与されました。卒業証書はルーム担当教員から一人ひとりに手渡され、授与後は、卒業証書を手に、友人や恩師と記念撮影する等、学生最後のひと時を分かちあっていました。

 

祝賀会

 卒業証書授与終了後、午後2時30分から、若木21にて祝賀会が行われました。各先生のゼミ毎にテーブルに集まり、先生やともに学んだなかまたちと楽しく語り合いました。

 先生方からの歌の贈り物に、涙する卒業生も見られましたが、最後は全員で元気よく万歳三唱をして、明日からの新しい人生に、エールを送りました。

卒業証書授与、祝賀会@渋谷キャンパス

キャンパスで記念撮影する卒業生 式典終了後、経済・法・文・神道文化学部卒業生と別科・専攻科修了生は渋谷キャンパスに移動し、通い慣れたキャンパスで卒業証書の授与および祝賀会が行われました。晴れ着姿の卒業生たちや保護者の方々が集い、キャンパスは賑わいを見せていました。

卒業証書授与

法学部の卒業証書授与 午後1時から、経済・法学部の、午後4時からは、文学部・神道文化学部・専攻科・別科の卒業証書授与が行われました。学生は、各学科のクラスごとに振り分けられた教室で、教員から一人ひとりに卒業証書などが手渡されました。授与後は、卒業証書を手に、友人や恩師と記念撮影をしていました。

 

祝賀会

文学部の祝賀会 卒業証書授与終了後、法・経済学部は午後2時から、文学部、神道文化学部・専攻科・別科は午後5時から、それぞれ祝賀会が行われました。

 文学部の祝賀会会場となった学術メディアセンター多目的ホールには院友会と若木育成会から頂いた樽酒も振舞われました。

 それぞれ4年間をともに過ごした友人や、お世話になった先生方と杯を傾け、語らう姿が多くみられました。

第126回卒業証書・学位記並びに修了証書授与式

 本日、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」で、第126回卒業証書・学位記並びに修了証書授与式が挙行されました。式は法学部、経済学部、人間開発学部が午前10時から、文学部、神道文化学部、神道学専攻科、別科神道専修が午後1時からの2回に分けて行われ、学部・専攻科・別科合わせて約2,500人が晴れの門出の日を迎えました。

第126回卒業証書・学位記並びに修了証書授与式

 開会の辞、国歌斉唱の後、各学部、専攻科、別科の総代が登壇し。赤井益久学長から卒業証書・学位記並びに修了証書を授与されました。

 

 続いて赤井学長が式辞を、来賓の吉田茂穂國學院大學院友会会長から祝辞が述べられました。

 

 

 午前の部では門広乃里子法学部長、橋元秀一経済学部長、田沼茂紀人間開発学部学部長から、午後の部では石川則夫文学部長、武田秀章神道文化学部長から卒業生・修了生に贈る言葉をいただいた後、卒業生総代の答辞が読み上げられ、4年間の学生生活の思い出や、両親はじめ関係者への感謝の言葉が述べられました。

 全員での校歌斉唱、在校生による「蛍の光」合唱があり、約1時間で式典は終了しました。

学長特別賞表彰

 午後の部の式典終了後、引き続いて大学からの表彰が行われ、今年度の学長特別賞に選ばれた石川愛梨さん(日文)に赤井学長から表彰状が送られました。

 石川さんは、在学中3年連続で本学の成績優秀者表彰制度で成績最優秀者に選ばれ、今回の表彰となりました。 

若木育成会成績優秀者表彰

 卒業証書・学位記並びに修了証書授与式につづき、在学生の父母によって組織される「若木育成会」による成績優秀者の表彰が行われ、加藤圭子若木育成会会長から、賞状と記念品が贈られました。

 

 

前へ

次へ