2017年12月10日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

國學院大學卓球部 創部七十周年記念式典

卓球部70周年イメージ 本日午後1時から、渋谷キャンパス有栖川宮ホールで國學院大學卓球部の創部七十周年記念式典・祝賀会が開催されました。同部の周年式典は六十周年以来10年ぶり。会場には来賓をはじめ卒業生や在学生など約130人が集まり、終始和やかな時間が流れていました。

あいさつする人見監督 式典・祝賀会では、OB会副会長の挨拶や石本道明部長・本学文学部教授らがあいさつに立ち、現役生へ激励の言葉を贈ったほか、監督である人見剛氏(本学職員)からは「70周年を始まりの年として、新たに80周年を見据えたスタートを切りたい」と今後の抱負が語られました。

会場のようす 会場では世代を超えた交流を深める場面が至るところで見られたほか、これまでの10年を振り返る活動紹介ムービーが放映される場面も。最後は校歌斉唱と記念撮影を経て会は盛況のうちに終了しました。

アンブロチャレンジ2017第49回東京都大学サッカー連盟新人大会トーナメント戦準々決勝

 アンブロチャレンジ2017第49回東京都大学サッカー連盟新人大会決勝トーナメントの準々決勝戦、本学蹴球部対明治学院大学戦がが本日午後0時10分から本学たまプラーザキャンパス競技場で行われました。この大会は、12月2・3・9日に5つのリーグに分かれ予選が行われました。同部は2勝1分け・リーグ1位で決勝トーナメントに進んでいます。

 本学蹴球部は前半18分、先制点を奪われ、ビハインドの展開が続きました。前半にはPKのチャンスを得ますが、相手GKの好守に阻まれ0-1で後半戦に入りました。ゴールネットを揺らせず選手の様子にも焦りが見え始めた後半38分にPKを獲得すると鹿毛勇佑選手(経2)が冷静に決めて同点に追いつき、1-1のまま勝敗の行方はPK戦にもつれ込みました。

 両チームとも3人目までがゴールるを決め、迎えた明治学院大学の4人目のシュートをGKの美好健太選手(法2)が止め、5‐4で勝利しました。準決勝は12月17日に玉川大学と対戦です。

前へ

次へ