2017年12月02日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

第49回東京都大学サッカー連盟予選リーグが開幕、蹴球部は引き分け発進

 アンブロチャレンジ2017 第49回東京都大学サッカー連盟新人大会が、12月2日からはじまりました。この大会は1、2年生のみで戦う新人大会です。本学の蹴球部が出場する1・2部大会の予選には20校がエントリー。4校ずつ5グループに分かれ予選リーグを戦います。同部はグループAで立教大、東京大、日本大生物資源科学部と、上位2チームの実が進める決勝トーナメントを目指し争います。

 12月2日には、グループAの初戦、本学対立教大学が、同大富士見総合グラウンドで行われました。試合は一進一退の攻防が続きましたが、互いに得点を奪えず0-0のまま試合を終えました。

 本大会のグループAの予選は12月3日に対東京大学が國學院大學たまプラーザキャンパス球技場で、12月9日に対日本大学生物資源科学部が亜細亜大学日の出グラウンドで行われます。

関東学生ソフトテニス新進大会

大会の様子 関東学生ソフトテニス新進大会(2日目)が本日、早稲田大学所沢キャンパスで行われました。この大会には、関東学連傘下各大学から1・2年生313ペアがエントリー。10月28日に大会初日を終えたところで悪天候のため延期されていました。

3位に入った2人 本日はベスト16から決勝までが行われました。男子ダブルスでは、本学ソフトテニス部の濱野達哉選手(健体2)・佐藤勇乃介選手(経済1)ペアは大健闘。いずれも早稲田大学のペアをファイナルまでもつれる接戦の末、6回戦、準々決勝を勝ち進みました。準決勝でも、早稲田大学ペアと対戦しましたが惜敗し3位となりました。

第10回 院友若手教員・教員採用試験合格者交流会

 本日午後6時から、渋谷キャンパス学術メディアセンター内「カフェラウンジ若木が丘」で「院友若手教員・教員採用試験合格者交流会」が開催されました。
 この会は教員として働く若手の院友と、今年度の教員採用試験に合格した学生の交流のために、本学教職センターが催行しています。

  開会にあたり、柴﨑和夫教職センター長・人間開発学部教授、大学代表として石井研士副学長・神道文化学部教授から、それぞれ挨拶があり、また来賓を代表して吉田茂穂國學院大學院友会会長・鶴岡八幡宮宮司の代理、川津浩一國學院大學院友会総務部次長から御挨拶を頂いた後、講習会講師の加藤直道先生から乾杯の御発声を受け、交流会がはじまりました。

 学生合格者代表挨拶や既卒合格者の挨拶、院友若手教員の自己紹介を交えつつ、懇親をはかり、参加した院友教員同士の絆が一層深まった会となりました。

 

文学部講演会「アンデスをわたる声」

 本日午後3時より、本学文学部講演会「アンデスをわたる声 ペル、アヤクーチョ地方のことば・うた・おどり」が開催されました。

 ペルー南部アヤクーチョ地方出身の音楽家、イルマ・オスノ氏をゲストに迎え、オスノ氏の生い立ちや同地方のうたやおどり、文化について、通訳の後藤雄介氏(早稲田大学教授)とのお話を交えながらの講演が行われました。

 アヤクーチョ地方の言語であるケチュア語の歌も披露され、オスノ氏の力強く響き渡る高音の歌声に、大勢が聞き入っていました。

神道宗教学会 第71回学術大会

 本日より2日間、神道宗教学会第71回学術大会「昭和戦中期の行政と宗教・神社」が渋谷キャンパスで開催されます。

 本日は常磐松ホールを会場に、学術シンポジウムが開催され、3名の研究者からの発題とそれらに関するコメントの発表が行われました。

 明日は研究発表で、午前10時から若木タワー5階の4会場で、4つの部会で発表が開催されます。詳細は学会ホームページでご確認ください。

前へ

次へ