2017年11月13日(月)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

学生アドバイザーと早稲田大学学食研究会が「和(NAGOMI)」で学食バトル

国早学食バトル対決 本学のオープンキャンパスの運営や広報紙の制作などを担う学生アドバイザーと早稲田大学学食研究会が考案したオリジナルメニューを提供する「学食バトル」が渋谷キャンパス3号館1階「和(NAGOMI)」で本日スタートしました。今回の企画は、「学食ランキング」で知られる早稲田大学学食研究会が「『和』でオリジナルメニューを考案したい」と提案をしたことがきっかけ。学生アドバイザーが「和」の看板メニューの讃岐うどんを使った新メニュー対決を逆提案をして実現しました。

 両校が考案したメニューは、ゆずとショウガを効かせた「ゆず豆乳うどん」(学生アドバイザー)とスクールカラー・えんじ色をイメージした牛肉の「ローストビーフうどん」(学食研究会)の2種類で、いずれも500円で各50食が連日提供されます。提供期間は、今日から17日(金)までの5日間。初日の今日は、多くの学生たちがオリジナルメニューを楽しんでいました。

 今回のバトルは、一般の方も参加可能で期間中の売り上げで勝敗を決します。11月20日正午過ぎからは、3号館前で、双方のマスコットキャラクターも登場し結果発表イベントを実施する予定です。

 

前へ

次へ