2017年08月10日(木)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

ソフトテニス部 平成29年度全日本学生ソフトテニス大会で活躍

 8月4日から10日まで、石川県七尾市と能登町で「平成29年度全日本学生ソフトテニス大会」が開催されています。本学ソフトテニス部は、団体戦の男子大学対抗を始め、シングルス、ダブルスにそれぞれ選手が出場しました。

 78校が参加した男子大学対抗では、4回戦に進出するも同志社大学に惜敗し、昨年に続きベスト16となりました。
 490ペアが頂点を争う男子ダブルスには、本学から7ペアが出場。大将ペア:井上太晴君(健体3・主将)・宮城利起君(神文4)ペアが5回戦に進みましたが、日体大ペアに3ー5の接戦で敗れベスト32に入りました。

 118人が参加した男子シングルスでは、谷岡凌太朗君(健体1)が出場。初戦の佐々木選手(札幌学院大)に完勝した後、2回戦は大学対抗準優勝の主力・中平選手(明治大)との激闘を制して波に乗り、3回戦、4回戦も勝ってベスト8に入りました。準々決勝で惜しくも敗れましたが、1年生ながら堂々の活躍に会場の注目が注がれていました。

前へ

次へ