2017年04月22日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

若木育成会本部役員会

会場の様子 本日午後2時から、渋谷キャンパス若木タワー会議室02で若木育成会本部役員会を開催しました。若木育成会とは、本学在学生の保護者で組織された会で、様々な活動を通じて、本学学生の支援を行っています。

挨拶に立つ赤井学長 はじめに、三竹俊彦会長より挨拶がありました。続いて、赤井益久学長が大学を代表して挨拶に立ち、本学の入試・教学・就職支援の現状について説明を行いました。また、4月1日に発表された本学の中期計画である「21世紀研究教育計画(4次)」について触れ、5月20日に行われる若木育成会本部総会にて詳細を説明させていただく旨のアナウンスがありました。

若木育成会 三竹会長 その後、役員の紹介および本学幹事の紹介が行われ、本部総会に提出するための事業報告案など各種審議しました。

企画展「國學院大學 春の特別列品―絵でみる日本のものがたり―」ミュージアムトーク

針本副学長 本日午後2時から國學院大學博物館では、現在開催中の企画展「國學院大學 春の特別列品―絵でみる日本のものがたり―」のミュージアムトークが行われました。今回の展示では、國學院大學図書館が所蔵する貴重資料の中から、「俵藤太物語」「竹取物語」「酒呑童子」の3つの物語が描かれた絵巻物や屏風を展示。物語絵の世界をお楽しみいただいています。

 本日のミュージアムトークでは、平安時代文学が専門の針本正行副学長・文学部教授が、今回初めて本学で展示された『俵藤太物語絵巻』を中心に約30分にわたり解説を行いました。現在展示中の『俵藤太物語絵巻』(本学図書館蔵)は、これまで3点しか確認されていない「古本系統」の資料に加えられるものだと針本教授は解説。寛永・寛文期に代に送り出された「流布本系統」の絵巻や絵本との違いなどを紹介しました。

 企画展「國學院大學 春の特別列品―絵でみる日本のものがたり―」は5月21日(日)まで開催中です(5月1日(月)~5月4日(木)は休館)。

平成30年4月入職予定新卒職員採用説明会

説明 本日午前11時から、渋谷キャンパス学術メディアセンター常磐松ホールで平成30年4月入職予定の本学職員をめざす学生を対象とした採用説明会が行われました。集まった約100人の本学職員志望者に対して、本学のミッションやビジョン、職員として求められる姿勢などについて説明があったほか、白川博一事務局長からメッセージが送られました。

トークセッション 説明会後半には、中堅・若手職員によるトークセッションが繰り広げられ、業務に向う姿勢や日々の業務の一端を紹介するなどし、学生生活などからではなかなか見ることがない本当の事務局職員の姿を語っていました。

 

 本学事務局職員の採用説明会は、5月6日にも開催予定です。説明会や選考についてはマイナビ2018にエントリーされた方を対象にお知らせいたします。皆さんの積極的なエントリーをお待ちしております。

前へ

次へ