2017年04月01日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

教職員辞令交付・研修

職員辞令交付 新年度を迎え、本日付けで新任、異動等となった教職員の辞令交付がそれぞれ行われました。

 午前9時20分から、渋谷キャンパス若木タワー会議室02で、赤井益久学長から課長以上の昇格・異動の対象職員に対して、辞令が手渡されました。午前9時30分からは新任職員を含めた課長補佐以下の対象職員に対して白川博一大学事務局長から辞令が手渡されました。その後、新任職員は、研修を受け、國學院大學での最初の1日を過ごしました。

新任教員研修 午前11時からは、新任教員の辞令交付が行われました。赤井学長から辞令が手渡されたほか、坂口吉一理事長から挨拶として、本法人の紹介や本学の歴史等説明がありました。

 午後1時からは第1回新任教員研修が行なわれました。研修終了後には、有栖川宮記念ホールで懇親会があり、着任早々の先生方と坂口理事長・赤井学長はじめとする役員、学部長が出席し、懇談を深めました。会の半ばには、先生方による自己紹介・今後の抱負を述べる時間も設けられました。

大学院入学式

学長告辞 本日、午後1時から渋谷キャンパス学術メディアセンター常磐松ホールで大学院の入学式が挙行されました。赤井益久学長は告辞の中で、「過去から未来へと連綿と続く学統を、現在と言う時間を介してつなぐ役割と使命があります。定められた修業年限の目標をそれぞれが立て、それに向って努力を積み重ねていただきたいと思います」と述べました。

金子委員長祝辞 続いて、大学院委員長の金子修一教授から祝辞が述べられ、入学にあたり自分の研究の足元を見つめなおす機会にして欲しいと親友性に問いかけました。

新入生宣誓 最後に、大番彩香さん(博後文)が新入生代表の宣誓を行い入学式は終了しました。

入学奉告祭

祭典中の様子 平成29年度は、冬に逆戻りをしたかのような冷たい雨の中でのスタートとなりました。本日午前10時から、渋谷キャンパスの神殿では、入学奉告祭が執り行われました。
 今年度の新任教職員や、この4月に昇格や異動となった役教職員、新入生代表も参列しました。

 明日は学部生の入学式がグランドプリンスホテル新高輪「飛天」で行われます。
 文学部・神道文化学部・人間開発学部・専攻科・別科は午前10時から、法学部・経済学部は午後1時30分からとなっています。
 新入生の皆様は余裕をもって会場までお越しください。

前へ

次へ