2017年03月18日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

ミュージアムトーク

講師の大東先生 本日午後2時から、國學院大學博物館では、現在開催中の企画展 「祭祀と神話―神道入門―」の関連企画として、ミュージアムトーク・博物館 神道講座の第3講目が行なわれ、約110人の来場がありました。

 本日の講師は、大東敬明本学准教授が務め、「中世日本の神話と儀礼」と題して30分間の講演を行ないました。まず神道史における中世の位置づけについて解説があり、中世の作品は、日本書紀や古代に作られた神話をベースに作られてるといいます。同企画展に展示されている『百合若大臣』などの物語から見られる「本地垂迹説」などについても言及しました。

 その後も展示資料に触れつつ、神話の変容や「清浄」の概念などについて説明を行ないました。

前へ

次へ