2017年02月21日(火)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

春期短期留学通信(中国・復旦大学)

初日のオリエンテーションの様子 中国・復旦大学春期短期留学が2月19日(日)から始まりました。学生11人・職員1人が成田国際空港から中国・上海浦東空港行きの航空便で渡航し、その日の午後3時に無事復旦大学に到着後、宿舎に入寮しました。

 翌日、始業式が行われ、早速中国語の授業が開始しました。授業は本学、中央大学、皇學館大学の学生の合同クラスです。中国語だけで行われる授業に戸惑う学生もいましたが、毎年参加者は、2週間ほど経つと先生の話すことを段々と理解しはじめているので、心配無用です。

上海観光 授業終了後は復旦大学の先生方による歓迎会が開かれました。その後、上海市内の半日観光として上海博物館、城隍廟、外灘に行き、宿舎に戻ったのは夜7時。この日はとても内容の濃い一日となりました。

キャンパスツアー後の記念撮影  プログラム開始3日目の2月21日から通常授業が始まりました。午後は復旦大学のキャンパスツアーで、復旦大学の広大なキャンパスを散策しました。

 

前へ

次へ