2017年02月18日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

教育開発シンポジウム「学士課程教育における共通教育ー次なるステージへー」

赤井学長の挨拶 本日午後1時から渋谷キャンパス常磐松ホールで、教育開発シンポジウム「学士課程教育における共通教育ー次なるステージへー」が行われました。

 開会に先立ち、赤井益久学長・文学部教授の挨拶がありました。赤井学長は、本学が昨年130周年記念5号館の竣功をもって、平成13年から行われたキャンパス再開発を終えたことに触れ、「大学として入れ物の整備は整った状態。これからは中身である教育の質向上が求められる」といい、共通教育のあるべき姿を考えいてく重要性について言及しました。続いて教育開発推進機構長の柴崎和夫人間開発学部教授からの挨拶とシンポジウムの趣旨説明がありました。

基調講演講師の山田氏 基調講演は、山田礼子氏(同志社大学高等教育・学生研究センター長、社会学部教授)による「学士課程教育における共通教育の質保証:カリキュラムの方向性と成果アセスメント」でした。山田氏からは、共通・教養教育の改革の背景や日本・他国での取り組みの方向性、学習成果をはかる評価方法について説明がありました。直接評価と間接評価の分析により、学習時間とテスト正答数の相関関係を示した研究の紹介等がありました。

第2部シンポジウム・大久保桂子副学長の発表 第2部のシンポジウムでは、各大学からの報告として、佐々木一也氏(立教大学全学共通カリキュラム運営センター部長、文学部教授)による「RIKKYO Learning Style における全学共通科目ーカリキュラムの有機的統合への挑戦ー」、神田雄一氏(東洋大学副学長、教務部長、理工学部教授) による「基盤教育の改革と東洋大学スタンダード」 、大久保桂子氏(國學院大學副学長、教務部長、共通教育センター長、文学部教授)による「國學院大學の共通教育改革:課題と展望」と題する講演がありました。

 各大学は、時期は違いながらも、共通教育改革に取り組んでおり、その過程や改革の特徴、運営体制等について紹介がありました。

総合討論 休憩をはさみ、午後4時から柴﨑教授が司会を務め、総合討論、午後5時30分から3号館メモリアルレストランでの情報交換会が行われ、活発な意見交換がなされました。

 

合格者向けオープンキャンパス

集まった多くの来場者 本日、午後1時から渋谷キャンパス120周年記念1号館を会場に、推薦系入試や一般入試の合格者向けのオープンキャンパスが開催されました。このイベントは、企画から運営まで全て学生アドバイザーが行うオープンキャンパスです。推薦入学試験や、先日合格者が発表されたV方式(Ⅰ期)・A日程入学試験の合格者が、入学前の友だち作りの場としてや、4月からのキャンパスライフを充実したものにするためのアドバイスをすることを目的に実施しています。

トークライブ 今日は、開場と同時に300人を超える合格者が詰めかけました。学生アドバイザーたちは学生生活を紹介するトークライブや友だち作りのための懇親会など、通常のオープンキャンパスとは全く異なる企画を用意。学生や教員、卒業生によるトークライブでは、入学後の学生生活を充実させるヒントや勉強へのアドバイス、将来の進路など多彩な内容で展開されました。

かるたで友達づくり 入学前の友達づくりの機会として設けた懇親会では、本学創立130周年を記念して制作された「國學院かるた」を使ってカルタ大会を開催しました。来場者は、その場で知り合った者同士で交流を図りながら、大学の特色を紹介するカルタで白熱した戦いを繰り広げていました。会場内のあちらこちらでは、早速合格者同士で声をかけ連絡先を交換し合うなど積極的に友達を作る姿が多く見られ、一足早く大学生への一歩を踏み出しているようでした。

 

 

前へ

次へ