2016年08月28日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

紫波町間伐体験ツアー(間伐体験2日目)

丸太の運び出し 紫波町間伐体験ツアーは3日目です。好天に恵まれ、昨日に引き続き朝から町内の里山に入り、地元の方たちの指導を受けながら間伐作業を行います。

 今日は、昨日切り倒した杉の木などを一定の長さに切りそろえて丸太にする「玉切り」の作業と、里山から運び出す作業が続きました。今回の作業現場は、昨年までと異なり平地があり、斜面の勾配を使って木を運べないため、専用の機械を使って作業が進められました。学生たちは、地元の方と協力をしながら玉切りにされた丸太をロープでくくりつけ、障害物に当たらないように慎重に取り組んでいました。

 すべての作業は午後2時30分ごろに終了。その後は、間伐を共に行ったり、食事の世話をしてくださったりした地元の方たちと交流会を行い、親睦を深めました。一行は明日帰京する予定です。

オープンキャンパス 最終日

 


 夏のオープンキャンパスが無事に2日間の日程を終了しました。本日も渋谷キャンパスと横浜たまプラーザキャンパスで開催され、2,000人を超える高校生や保護者らが来校。参加者は、各所で行われた説明会や見学などに足を運び、本学らしい学びや入試情報を吸収したほか、キャンパスの空気感も肌で感じることができたようです。

 

 渋谷キャンパスでは、約600人収容の大教室で行われた大学説明会が満席になったことをはじめ、教職員による個別相談ブースやキャンパスを一巡するキャンパスツアー、入学後の授業内容を体験できる模擬授業など多くの企画で人気を集めていました。

 

トークショー(たま) 教育系の人間開発学部が拠点とする横浜たまプラーザキャンパスでも同様で、特に在学生によるトークショーでは、日々の学生生活や盛んに行われている課外活動時のトピックスなどが直接伝えられました。参加した高校生は入学後の自分の姿と重ね合わせているかのような眼差しで聞き入っていました。

 

小論文講座 そのほか、学科別の説明会や、推薦系入試の受験生を対象とした小論文講座などに多くの来場者が参加していました。

 

 

 今年度のオープンキャンパスは9月25日(日)と10月30日(日)の2回を残すのみとなりました。大学のさまざまな顔にふれることができるオープンキャンパスを是非、有効活用してください。

 

前へ

次へ