2016年08月02日(火)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

マニトバ大学短期留学通信

オリエンテーションの様子 8月に入り今年度も夏期休暇期間を利用した短期留学が始まりました。昨日、カナダ・マニトバ大学へ学生29人、職員2人が成田国際空港から米国・ミネアポリス空港経由でウィニペグ国際航空行きの航空便で渡航しました。無事マニトバ大学に到着後、学生寮に入寮し、初日が無事終了しました。

 


集合写真 2日目は明日から始まる短期語学プログラムに備え、オリエンテーションや学内見学が行なわれました。学生たちは不安を感じつつも、注意深く話を聞き入っていました。同大学の学生によるキャンパスツアーでは、寮やキャンパスの案内を受け、これから始まる約1ヵ月の留学生活に期待を寄せている様子でした。

総合企画部研修

研修の様子 大学事務局では、夏季休暇期間中を利用して、部署ごとにテーマを設定した研修を毎年実施しています。今日は、総合企画部(企画課、入学課、エクステンション事業課、広報課)の研修が終日にわたり行われました。

 研修では、昨日の職員全員研修で示された本学の次期中期計画策定の骨子案への総合企画部としての関わり方について、外部から招いた講師による講演やグループワークなどを通じて理解を深めました。

相互貸借特集展示(西南学院大学博物館資料)「描かれた『DEJIMA-出島-』」

特集展示 國學院大學博物館では、相互貸借特集展示(西南学院大学博物館資料)「描かれた『DEJIMA-出島-』」を11 月3 日(木・祝)まで開催中です。この展示は、本学博物館と協定を結んでいる西南学院大学博物館(福岡県福岡市)が所蔵する資料を紹介するものです。
 展示では、ヨーロッパで出版された出島の図とそこで生活するオランダ商館員を描いた絵巻を紹介し、江戸時代、日本とオランダの双方にとって異文化交流の場の足跡を辿っています。

 この他、企画展示室では、企画展 <学びへの誘い>「江戸文学の世界―江戸戯作と庶民文化」も開催中です。

前へ

次へ