2016年07月23日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

第3回 國學院大學・南開大学院生フォーラム 東アジア文化研究国際シンポジウム

参加者全員で記念撮影 本日、渋谷キャンパス若木タワー会議室02を会場に、「第3回 國學院大學・南開大学院生フォーラム 東アジア文化研究国際シンポジウム」が開催されました。このフォーラム・シンポジウムは、本学の海外協定校である南開大学(中国・天津市)との連携事業で、今回で3回目の開催となります。本学と同大学はかねてより一般協定を締結し交流を深めてきましたが、昨年6月11日には本学大学院文学研究科と同大学外国語学院との間で研究教育に関する学術協定も締結し、若手研究者や大学院生の交流も盛んに行われています。本日から始まった同フォーラム・イベントも、その一環として行われているものです。

基調講演

挨拶に立つ小川教授 午前10時からは基調講演が行われました。冒頭では、本学大学院文学研究科委員長の小川直之文学部教授と、南開大学外国語学院副院長の劉雨珍教授がそれぞれ挨拶に立ち、本日のフォーラム・シンポジウムで東アジア研究の更なる発展に寄与するよう活発な議論を行って欲しいと述べました。

基調講演を行う南開大学劉雨珍教授 続いて、南開大学外国語学院の韓立紅教授が、「日本近世庶民の「倹約」思想ー石田梅岩と二宮尊徳に関する考察」と題し、続いて同 劉教授が「筆談と東アジアの文化交流ー清朝初代駐日公使館員の筆談資料を中心に」と題し、最後は、本学文学部・大学院文学研究科の渡邊欣雄教授が「魔除けの民俗ー日本と中国の比較からー」と題し、それぞれ講演しました。

若手研究者発表・討論

中国語で挨拶する赤井学長 昼休みを挟み午後1時30分から若手研究者による研究発表・討論会が行われました。冒頭では、赤井益久学長より、今年で20年目を迎えた本学と同大学との交流の歴史について中国語で紹介があり、その上で、このような交流を通じて両大学が益々発展することを祈念しました。

研究発表を行う南開大学の王凱助教授 その後、本学兼任講師の笹川勲氏(平28修・124期博後文)、同 大塚千紗子氏(平28修・124期博後文)、本学教育開発推進機構の鈴木道代助教、南開大学外国語学院の王凱准教授がそれぞれ研究発表を行いました。

4人の発表者による討論会の様子 休憩を挟み後半は研究発表を行った4人の若手研究者による討論会が行われました。

院生フォーラム・第1セッション討論

第3回國學院大學・南開大学院生フォーラム「東アジア文化研究国際シンポジウム」_院生フォーラム 小休止を挟み、午後4時10分から院生フォーラムとして、本学文学研究科史学専攻のSerebriakova Polinaさん、南開大学外国語学院大学院の梁玉娟さん、南開大学日本研究院・本学文学研究科神道学・宗教学専攻の唐小立さんの3人の発表となりました。
 日本中世史・日本近代文学・日本近世思想史と研究テーマは違えど、当時代を含めた大局的な視点からの興味深い研究発表となっていました。

第3回國學院大學・南開大学院生フォーラム「東アジア文化研究国際シンポジウム」_院生フォーラム 続いて3人の発表についてディスカッションとなり、指導教員からの指摘も含め、研究の展望についてのコメントがありました。

第3回國學院大學・南開大学院生フォーラム「東アジア文化研究国際シンポジウム」_懇親会 その後会場を若木タワー最上階の有栖川宮記念ホールに移し、懇親会へ。
 当シンポジウムは明日の2日目も控えておりますが、日本・中国、そしてロシアとインドを加えた4か国の国籍を交えた研究者間の懇親に、会場は賑わっていました。

************************************

なお、同フォーラム・シンポジウムは明日も終日行われる予定です。

ハワイアン@院友会サロンコンサート

満席となった会場 本日午後2時30分から、渋谷キャンパスに隣接する院友会館でサロンコンサートが開催されました。

流れるようなダンスを披露するハワイアンダンサー 同コンサートは本学卒業生組織である院友会が主催したもので、毎年複数回実施しています。本日のコンサートは『青い空、白い雲、美しいビーチ、ハワイアンミュージックの魅力」と題し、ハワイアンダンスとミュージックによるコンサートとなりました。

ハワイアンミュージックを奏でる奏者 今回のコンサートは暑い夏にぴったりな企画とあって、付近住民の方を中心に150人を超える観覧者が集まりました。お茶とお菓子を頂きつつ、常夏のハワイに思いを馳せる爽やかなコンサートとなりました。

科研費申請書作成スキルアップ講演会

科研費申請書作成スキルアップ講演会 本日午後2時から、渋谷キャンパス130周年記念5号館5301教室で研究開発推進機構事務課主催による「科研費申請書作成スキルアップ講演会」が開催されました。
 年々審査が厳しくなっている科学研究費補助金の採択について、その資料の作成のポイントを外部講師を招いて講演会を催しました。
 ロバスト・ジャパン株式会社代表の中安豪氏に講師として来校して頂き、約60分間の講演とその後質疑応答となりました。

 本学研究者の研究成果の発展に寄与されることを期待します。

前へ

次へ