2016年07月11日(月)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

南開大学日本短期留学プログラム(修了式)

記念撮影 7月6日から来日している中国の南開大学日本短期留学プログラムの参加者は、本日が本学での滞在最終日となりました。

 まず渋谷キャンパス若木タワーの大学院演習室0502で、針本正行副学長・文学部教授による講義を受けました。教室には実際に絵巻物や屏風が並べられ、留学生はじっくりと見入っている様子でした。

 最終講義を終え、同教室で引き続き修了式が行なわれました。まず田原裕子国際交流推進部長・経済学部教授が「これからの中国を担う若い学生さんが、日本文化に興味を持ち、日本を訪れ、本学で日本文化を学ぶことは、國學院大學としても嬉しく、大学の財産となりました。この日本での滞在が、皆さんの充実した人生に活かされることを願います。」と挨拶しました。その後、一人ひとりに田原教授と小川直之文学部教授から修了証が手渡され、参加者の表情からは重みのある修了証を手に、喜びや安心の表情を浮かべていました。

 その後引率の教員と小川教授からのお言葉があり、参加者で記念撮影をし、6日間にわたるプログラムを無事終えました。

冷やし梅おろしうどん@和[NAGOMI]

冷やし梅おろしうどんと鳥天 渋谷キャンパス3号館1階の食堂・和[NAGOMI]では、夏限定の「冷やし梅おろしうどん(390円)」を提供しています(写真右上はとり天(100円))。梅干しが1粒丸ごとのせられ、シソや大根おろし、うめかつおだれでさっぱりとしたうどんです。

 今年の土用の丑の日は7月30日です。ウナギをはじめ、うどんや梅干しなどが土用の丑の日には「う」のつく食材を食べる風習があります。これからますます暑い日が多くなってきますが、「う」のつくうどんで夏バテ対策も良いかもしれません。

アジアンフードフェア@メモリアルレストラン

カオマンガイ 渋谷キャンパス3号館2階のメモリアルレストランで、7月1日から7月15日(金)まで開催されているアジアンフードフェアは、後半に入りました。15日までは、カオマンガイ(写真)とグリーンカレーがそれぞれ490円で提供されています。この企画は、カンボ ジアで支援活動を行う国際協力サークル~優志~とコラボした企画で、一皿あたり50円はカンボジアの「里子支援プロジェクト」に寄付されます。

前へ

次へ