2015年12月13日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

ミュージアム連携事業 國學院大學博物館国際ワークショップ2015

国際ワークショップ_第7セッション 岡崎礼奈(東洋文庫) 昨日のミュージアム連携事業 國學院大學博物館国際シンポジウム2015に引き続き、同じ渋谷キャンパス常磐松ホールにおいて、本日午前10時からミュージアム連携事業 國學院大學博物館国際ワークショップ2015が開催されました。

 本日は笹生衛國學院大學博物館長・神道文化学部教授の司会による国際ワークショップが催され、ヨハネス・ヴィーニンガー Johannes Wieninger (オーストリア応用美術博物館、オーストリア)、クリストフ・マルケ Christophe Marquet (国立東洋言語文化大学、 日仏会館、フランス)、イローナ・バウシュ Ilona Bausch (東京大学)、宮崎克則・阿部大地(西南学院大学博物館)、内川隆志(國學院大學博物館)、三宅秀和(永青文庫)、岡崎礼奈(東洋文庫)、山﨑妙子(山種美術館)ら、8つの博物館・美術館等の施設からのセッションが行われ、各施設のグローバル対応やデジタル化等新しい展開など報告を受けました。

国際ワークショップ_第8セッション 山﨑妙子(山種美術館) その後9番目のセッションとして総合討議に入り、各施設の特徴に触れながら、博物館・美術館等ミュージアム施設の将来像を考えさせる機会となりました。

 昨日今日の二日間に渡った国際シンポジウム・ワークショップの成果が、ミュージアムの発展に寄与することを期待してやみません。

前へ

次へ