2015年12月09日(水)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

人間開発学部第2回FD協議会

協議会の様子 本日午後130分から、たまプラーザキャンパス1号館AV1教室にで「平成27年度人間開発学部第2回FD協議会」が開催され、教員ら36人が参加しました。人間開発学部では学部FD推進事業として、昨年度に引き続き「『人づくりのプロ』を育てる学部教員の実践的指導力の自己開発」をテーマに掲げ、今年度は教育実習と保育実習に焦点を当てて同事業を推進しています。

 今回の協議会では初等教育学科・健康体育学科・子ども支援学科の順で「教育ニーズ」「指導者養成」「実習指導」を軸とした各20分の学科別発表がなされ、引き続き、3人の外部講師(福井大学遠藤貴広准教授、東京学芸大学松田恵示教授、東京家政大学那須信樹教授)によるコメントと講話がなされました。その後の質疑応答では、学問分野の異なる3つの学科がどのように「人間開発」を確立していくのか、熱い議論が深められていました。

防災訓練@たまプラーザキャンパス

球技場に避難した学生たち たまプラーザキャンパスでは、本日午後0時5分から「防災訓練」が実施されました。今回は、震度6強の地震発生を想定した訓練で、事務局職員は、校内の非常放送で防災訓練実施を説明した上で、校舎内の状況確認と渋谷キャンパスへの連絡体制などを訓練しました。授業等でキャンパス内に滞在中の学生・教職員は、避難放送を受けて避難場所のグラウンドへ移動していました。

 今回の訓練では、人間開発学部生から事前に募集した19人の学生に協力を得て、例年よりも円滑に避難誘導を実施することが出来ました。訓練で得た経験を活かし、教職員・学生スタッフとの連携を強め、有事の際の対応に備えます。

前へ

次へ