2015年11月27日(金)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

夕暮れの西の空

西の空 朝から青空が広がった東京地方では、雲もなく透き通った冬の空が一日中広がっていました。今日の東京の日の入りは午後4時28分です。午後5時前には東京タワーや六本木ヒルズにも灯りがともり始めていました。

 日が沈んだ後の西の空には、山頂付近に少し雲がかかった富士山のシルエットが、茜色の空の中に浮かんでいました。その茜色の空は徐々に群青色の夜の空に押されて、刻一刻と淡くなっていました。

第5回ボランティアステーション学生相談コーナー

学生相談コーナー 本日午後0時から0時40分までの昼休み中に渋谷キャンパス3号館3階のボランティアステーションで、第5回ボランティアステーション学生相談コーナーが行われました。同企画ではボランティア活動経験者が、「ボランティアをして大学生活がどう変わったか」、「ボランティアをはじめたきっかけ」「どんな人と出会い、どんな経験をしたか」、「バイトとの違いはなにか」などを、未経験者に紹介しています。

 本日は5回目の開催となり、「おっちー塾」という団体で学習支援のボランティアを行う学生が、ボランティア活動の体験を話しました。学校に行っていない子どもや外国人の子どもに勉強を教えるボランティアがメインですが、イベントをしたり、お出かけをしたり、修学旅行を企画したり学習支援の枠を超えた関わりを子供たちと持っています。活動に関心を持つ5人の学生が集まり、実際の活動について耳を傾けていました。

カピー奨学金、田村祥浩君記念奨学金、あすなろ奨学金交付式

 本日午後0時10分から、若木タワー4階会議室05において「カピー奨学金」ならびに「田村祥浩君記念奨学金」、「あすなろ奨学金」の交付式が行われました。

 「カピー奨学金」は本学元職員の放生章子氏の篤志により平成5年に制定、「田村祥浩君記念奨学金」は本学在学期間中に輪禍に遭遇した田村祥浩君のご遺族の篤志によって制定、あすなろ奨学金は元本学職員の川副登美氏の篤志で昭和58年4月に発足し、同氏の平成18年12月のご逝去に伴い、新たにご遺族から寄付された金員を基に運営されている奨学金制度です。

 交付式には採用者4人(カピー2人、田村君1人、あすなろ1人)のうち3人が出席し、黒﨑浩行学生部長・神道文化学部教授から交付書が授与されました。黒﨑学生部長は、「何事も節目が大事。本日の授与式を機に、より一層勉学に励んでほしい」との言葉を贈りました。

 

前へ

次へ