2015年11月14日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

ミュージアム連携事業 美術文化フォーラム2 「村上華岳と京都、そして日本文化へ」

上村氏の講演  本日午後1時30分から、学術メディアセンター1階常磐松ホールで、ミュージアム連携事業國學院大學×山種美術館 美術文化フォーラム2 「村上華岳と京都、そして日本文化へ」が行われました。

 このフォーラムは平成27年度文化庁の「地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」に採択された「東京・渋谷から日本の文化を国際発信するミュージアム連携事業」の活動の一環で実施されました。

 山種美術館で行われている「特別展《裸婦図》重要文化財指定記念 村上華岳―京都画壇の画家たち」と同時期に行われた同フォーラム。山種美術館、山崎妙子館長による村上華岳の生涯や同時期に活躍した日本画家の説明の後、日本画家 上村 淳之氏が講演を行いました。

 上村氏は京都市立美術大学名誉教授を務め、2013年には文化功労者に選出されました。講演では日本画家である祖母 上村松園、父 上村松篁の生前の話や、自身の描く花鳥画に対する理念などを話されました。

 また、本学博物館館長であり、本学神道文化学部の笹生衛教授が「日本文化の源泉と信仰-神仏信仰の変容と日本の精神性の形成-」と題し、日本画からよみとる神仏信仰の変遷や関係について講演しました。

クラリネットの演奏 同フォーラム第2部では、クラリネット奏者の吉田誠氏によるクラリネットコンサートも催され、村上華岳の作品から、吉田氏がイメージした6曲を演奏しました。

國學院大學管弦楽団第50回記念演奏会

渾身の演奏  本日午後6時から杉並公会堂大ホールで國學院大學管弦楽団第50回記念演奏会が開催されました。冷たい雨が降り続けるあいにくの天気の中、会場には2階席で観覧する人もいるほど多くの観客が演奏会に足を運びました。

 今回の演奏会では、50人を超える本学管弦楽団の団員と卒業団員も加わり、グリエール バレエ組曲「青銅の騎士」作品89とショスタコーヴィチ 交響曲第5番二短調作品47の2曲を演奏しました。演奏後には観客から鳴りやまない拍手が沸き起こり、指揮者の石毛保彦氏には花束が贈られていました。

協定留学説明会

現地の学生との中継 本日午後2時30分から午後4時まで、渋谷キャンパス国際交流センター1階で、協定留学事前説明会が行われました。平成28年度9月からの協定留学は、平成28年1月に応募を開始、2月に選考、9月から留学開始といった流れとなります。

 説明会では、留学を検討する学生に対し、国際交流課員からの説明があった他、インターネット電話サービスを利用し、現在協定留学期間中にあたる学生との中継が行われ、今まさに海外で学ぶ学生から、現地での勉強、生活、留学を決意するまでの経緯などが語られました。現地での授業の様子など具体的な様子が伝わり、これから留学を考えていく学生にとって参考になっていたようです。

前へ

次へ