2015年01月21日(水)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

日本の文化理解・フィールドトリップ(大相撲初場所観戦)

集合写真 本日、日本の文化理解・フィールドトリップ(大相撲初場所観戦)が行われ、本学協定校からの留学生と、日頃彼らをサポートしているK-STEPアシスタントの学生合わせて30人が両国国技館で行われている大相撲初場所を観戦しました。大相撲を観戦することで日本文化を発信できる人材を目指すことを目的としています。

観戦する学生たち 参加者は、午後3時40分に始まる横綱と幕内の土俵入り・取組を観戦。初めて相撲を目にする留学生たちは、力士が土俵に上がると国技館内の熱気に圧倒されていました。取組中は、留学生に教えながら観戦をする本学学生の姿も。横綱の取組が始まると「あの人が強くて、有名」などと留学生に教え、国境を越えて共に熱い応援をしていました。取組の中では力士が客席に投げ出されたり、横綱が敗れて観客が座布団を土俵に向けて投げる様子もあり、初めて見る光景に驚く姿もありました。参加者は弓取式まで観戦し、今回の日本の文化理解・フィールドトリップは終了しました。

マンガ『ぎんぎつね』の渋谷キャンパス旧校舎

連載『ぎんぎつね』第63話_國學院大學渋谷キャンパス旧校舎 (C)落合さより/集英社 たびたびここで紹介しております落合さよりさん執筆のマンガ『ぎんぎつね』ですが、漫画雑誌『ウルトラジャンプ』連載中の最新話(第63話)では、主人公冴木まことちゃんのお父さん冴木達夫さんの國學院大學在学時代にスポット。

 何と渋谷再開発前の懐かしい校舎や正門が登場。また該当話の表紙には、幣殿・拝殿のない神殿が描かれています。
 マンガの設定では20年前の渋谷キャンパスとのこと。ダクトが通っている本館の廊下など懐かしいばかりです。

 写真の2ページ分は、どこを描いているかわかりますか?


(C)落合さより/集英社

学生リアル調査結果公表ブーススタート

ブースが設置されている渋谷キャンパス3号館1Fエントランス 本日から、渋谷キャンパス3号館1Fエントランスと、たまプラーザキャンパス1号館エントランスで、昨年7月に在学生を対象に実施した「学生リアル調査」の結果報告を行うブースが設置されました。

 

貼られているメモを見て楽しむ学生 ボックス型のブースの壁面には、調査結果をイラストなどを使ってわかりやすく解説するパネルを埋め込んであります。そして、ボックスの中にも入ることができ、調査結果を探検気分で見ることができます。また、中には自分達の思いを書き記し、自由に貼ることができるボードも設置されています。

 

来場者にプレゼントされる特製クリアファイル 見学に訪れた学生には、特製の「学生リアル調査クリアファイル」をプレゼントしています。公開は渋谷キャンパスは2月6日まで、たまプラーザキャンパスは1月30日までとなっています。学生の皆さん、ぜひ足を運んでみて自分達の回答結果を確認してみてください!

前へ

次へ