2014年11月01日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

21世紀研究教育計画(第3次)修訂版 説明会

赤井益久学長 赤井学長による「21世紀研究教育計画(第3次)」の修訂に関する説明会が、本日午後4時から渋谷キャンパス会議室において行われました。職員を対象におこなわれた今回は、たまプラーザキャンパスにもインターネット回線を通じて配信され、職員一同が修訂に関する情報を共有する場ともなりました。

 本学では現在、平成24年度から5年を目処とした短中期計画「21世紀研究教育計画(第3次)」を策定・推進しています。今年度はその折り返しとなる中間点になります。今回の修訂の最大の特徴は、赤井学長を中心に各計画の成果検証を進め、新たに目標値を設定したことにあります。他大学をみても数値目標まで踏み込んだ画期的な計画であり、着実に推進することで自ずと第4次計画が見えてくると赤井学長は強調。将来の発展を見据えた今回の修訂を公表したことで、本学がビジョンとして掲げる「國學院ブランド強化と確立」に向かって、全ての教職員が邁進して欲しいという学長の強い期待が伺えました。

 説明の後、参加した職員からの質問に対応。それぞれの質問に対する考えを学長自ら回答し、約1時間の説明会が終了しました。

若木祭(1日目)

 本日から渋谷キャンパスでは若木祭が始まりました。若木祭では、各部会やサークルが演奏・演武披露や展示など、思い思いの形で日頃の取り組み成果を表現をしています。また、中庭では、多くの部会・県人会が模擬店を出店しています。初日である本日は生憎の天候となりましたが、お昼時には模擬店に行列ができるなどの、多くの来場者で賑わいました。

 

全學應援團

リーダー公開 3号館前中庭では、正午から全學應援團によるリーダー公開が行われました。降り続く雨に負けない力強い演技に多くの方が足を止め、拍手を送っていました。

 

児童文化研究会

児童文化研究会 プレイルーム 120周年記念1号館1204教室では、児童文化研究会による子どものためのプレイルーム「イッツ・ア・スモールワールド」が開催。小さなお子さんが同会所属学生とミニゲームや工作を楽しんでいました。

観世会

観世会 1101教室内に特設した舞台では、観世会が仕舞や謡を披露。午前10時から午後1時からの2回公演を行い、教室に能の幽玄な世界を作り出していました。

合氣道部演武

合氣道部演武会 午後1時から3号館前中庭では、合氣道部による演武が披露されました。鮮やかな技が繰り広げられ、観客の目を楽しませていました。

射撃部

射撃 1102教室には、射撃部による射的の模擬店が設けられました。友人同士で来場し、競い合う姿も見られました。

 

有栖川宮記念賞表彰・永年勤続者表彰


表彰を受ける本阿彌氏 有栖川宮記念賞ならびに永年勤続者表彰式が、正午から若木タワー有栖川宮記念ホールで行われました。

 有栖川宮記念賞は、本法人の関係者で特に顕著な功績を認められたものに対し顕彰するもので、今回は本阿彌光洲氏(本名:本阿彌道弘 昭37卒・70期史)が受賞。同氏は、室町時代から伝わる伝統的な刀剣研磨の技法を高度に体得し、国宝の研磨といった文化財保存面でも活躍したことが認められ、文部科学大臣から今年10月に無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

 

乾杯をする直会参加者 永年勤続表彰では、20年・30年・40年という勤続年数の節目を迎えた法人傘下各校の教職員24人が表彰され、有栖川宮記念賞同様に、坂口吉一理事長から表彰状が授与されました。

 表彰式後は赤井学長による乾杯の発声で直会へと進み、食事をとりながら歓談の時間を約1時間過ごしました。

関係物故者慰霊祭

関係物故者慰霊祭の様子 関係物故者慰霊祭が午前10時30分から百周年記念館記念講堂で斎行されました。本学創立以来の法人関係者で、物故された役教職員や学業半ばにして亡くなられた方々、学徒出陣で戦場にたおれられた方々の御霊を招き、御霊安らかに静まり、後進の行く先をお護りいただくよう祈願するお祭りです。

 とりわけ昨年10月1日以降、他界された学生や元教職員など本法人関係者の方々を慰霊するもので、ご遺族、法人各校の役教職員・学生、院友会関係者などが参列しました。

祭詞奏上

祭詞奏上斎主による祭詞奏上

慰霊の舞

在学生による慰霊の舞文学部・神道文化学部在学生による慰霊の舞

追悼歌の合唱

フォイエルコール混声合唱団による合唱フォイエルコール混声合唱団による追悼歌合唱の奉仕

玉串拝礼

御遺族の玉串拝礼御遺族の玉串拝礼

創立記念祭


創立記念祭のはじまりの様子 今月4日は本学の母体である皇典講究所が明治15(1882)年開設されてから132年目の節目の日を迎えます。

 本日午前9時から神殿において、坂口吉一理事長をはじめ法人・大学の役教職員、学生らが参列し創立記念祭が斎行されました。あいにくの天候でしたが、神前にお供え物を捧げ、斎主が祝詞を奏上し、法人ならびに大学の行く先を祈念し1時間ほどで無事に終了しました。

浦安の舞を奉納する学生 創立記念祭では、神道文化学部学生による浦安の舞が奉納されました。

前へ

次へ