2014年10月27日(月)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

硬式野球部山下君、プロ指名あいさつ

熱い抱擁を交わす2人 先日行われたプロ野球ドラフト会議で横浜DeNAから指名を受けた本学硬式野球部・山下幸輝君(経)のプロ指名あいさつが、本日午後2時からたまプラーザキャンパスで行われました。横浜DeNAからは中畑清監督自らが来校。中畑監督は、来校されてすぐに出迎えた山下君と握手と熱い抱擁で早くも強い絆が生まれたようでした。

 

記者会見  指名挨拶後は、記者会見が行われ、竹田利秋硬式野球部総監督、鳥山泰孝同部監督も同席しました。山下君からは、主将としてチームを引っ張った経験から「声をアピールし、開幕一軍を目指します」と意気込みが、中畑監督からは、春季キャンプは1軍スタートとの言葉が出たほか、「まずは二遊間での適性を見たい」と大きな期待が寄せられていました。

 サイン

サイン  夕刻、鳥山監督、山下君、読売巨人軍から指名を受けた田中大輝君は渋谷キャンパスで秋季リーグ戦とドラフト会議の結果を報告。早速サインにも応じてくれました。

2014年度法学会講演会(第2回)

講演の様子 本日4限(午後2時30分から午後4時まで)に、渋谷キャンパス学術メディアセンター1階常磐松ホールで、平成26年度法学会講演会が行われました。「都議会議員ってなんだろう?」テーマに、現職の都議会議員・西沢けいた氏が、東京都、議会、政治などについて1時間半にわたり講演しました。

 西沢氏は、都議会議員当選2回の35歳。講演の冒頭、東京都内には全国で6番目に多い330の島があること、予算規模は13兆円で韓国やベルギーに匹敵することなど意外と知られていない首都東京の実態を紹介しました。西沢氏は「政治とカネ」や「議会でのセクハラヤジ」などメディアをにぎわせる問題に触れつつ、「議員としてやるべきことは、選挙で選ばれた代表として市民の意見を聞き、政治に反映すること」と強調。その上で「都政は議会がチェックをする。議会のチェックは有権者・市民にしてもらいたい。ぜひ議会を見てほしい」と呼びかけていました。

 講演後の質疑応答では、学生から若者の政治参加や具体的な政策について鋭い質問も飛んでいました。

前へ

次へ