2014年10月26日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

オープンキャンパス@たま

受付の様子 本日、午前10時からたまプラーザキャンパスでオープンキャンパスを開催し、受験生と保護者を合わせ222人が参加しました。

学生相談ブースの様子 本日のオープンキャンパスは、地域の子育て支援イベント「共育フェスティバル」と同時開催となりました。たまプラーザキャンパスにある人間開発学部は、「共育(きょういく)」「響同(きょうどう)」を学部理念のひとつとして、地域連携の様々な活動を行っています。同学部の特徴のひとつでもある「地域連携」を受験生にも見学してもらうことを目的としています。

学科相談ブースの様子 公募制自己推薦(AO型)入学試験の1次合格者が発表された直後ということもあり、相談ブースやガイダンスには1次合格者が多く訪れ、2次試験突破に向けた対策を行っていました。

 

オープンキャンパス@渋谷

現代文の過去問題解説 本日、渋谷・たまプラーザ両キャンパスで今年度最後となるオープンキャンパスが開催されました。文学部・経済学部・法学部・神道文化学部のオープンキャンパス会場となった渋谷キャンパスでは、「一般入試説明会」や現代文や英語など5科目の過去問題解説など一般入試を目指す受験生向けの企画と、公募制自己推薦(AO型)など推薦系入試の受験者向けの学部学科ごとのイベントが用意され、午前10時の受付開始前から多くの受験生と保護者が訪れました。

一般入試説明 午前10時15分からと午後3時15分からの2回開催された「一般入試説明会」では、入学課員が今年度の一般入試の概要や新たに導入するWEB出願について説明をしていました。

WEB出願を模擬体験 今日は、WEB出願を模擬体験できるコーナーが設けられ、受験生が実際にパソコンを使って出願手続きにチャレンジしていました。「WEB出願」は、出願締切の直前に願書がお手元になくても容易に出願ができ、出願書類の誤記入や入学検定料振込金額の誤りも防げるなど利便性が大きく向上します。本学では、WEB出願時の入学検定料見直しも今年度より実施します。詳しくは下記のリンクをご参照ください。

法学部のAO・推薦対策講座 写真は、法学部のAO・推薦入試対策講座です。教室をいっぱいに埋めた来場者を前に中川孝博法学部教授は、法学部が行っているFecebookなどを紹介し積極的に情報収集をと呼びかけていました。法学部をはじめ國學院大學の機関が公式に運用しているソーシャルメディアのアカウントは複数あります。本学を理解していただく一助となれば幸いです。ぜひご活用ください。

さまざまな言語が飛び交う 今回のオープンキャンパスでは、本学で学ぶ留学生らによる「国際交流体験コーナー」を設置。留学生と受験生たちがゲームなどを通じて交流と、互いの言語や文化への理解を深めていました。

共育フェスティバル@たま

企画の看板を持って案内する学生 本日午前10時から、たまプラーザキャンパスにある人間開発学部が、親子で楽しめるイベント「共育フェスティバル」を開催し、地域の親子を中心に約1,200人が参加しました。

新聞紙でファッションショー 人間開発学部の開設時から始まった「共育フェスティバル」は今年で6回目の開催。教育系学部である人間開発学部の学生が主体となり、「子育て」をキーワードに地域住民と一緒に「学び」と「遊び」を通じて子供の成長を考えるイベントです。過去最多となる26種類の企画・教室が開催され、いずれも多くの参加者でにぎわいました。

ストロージェットを作ろう! 402教室で行われたたんぽぽ工作教室①「ストロージェットをつくろう!」では、ストーローを折り曲げてラップを張り付けた飛行機を製作。ラップの表面には思い思いに絵をかいて、自作の飛行機を飛ばして楽しみました。

FMヨコハマ公開収録 午後2時からは、カフェラウンジ「万葉の小径」で、FMヨコハマとコラボした公開収録イベントが行われました。現在、本学ではFMヨコハマの人気番組「THE BREEZE」内で、毎週月曜日午前11時25分に、子育応援ミニコーナー「SUKU SUKU SCHOOL」を放送しています。本日は、同ミニコーナーの特別編として、番組パーソナリティーの北島美穂氏と藤田優一氏が登場。新富康央人間開発学部長はじめ、学生たちも出演しました。

 

前へ

次へ