2014年10月23日(木)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

プロ野球ドラフト会議

指名の瞬間を待つ 今日午後5時からプロ野球ドラフト会議が行われ、本学硬式野球部からプロ志望届を提出していた3人のうち田中大輝君(史)が4巡目で読売巨人軍、山下幸輝君(経)が5巡目で横浜DeNAからそれぞれ指名を受けました。

 夕刻まで神宮球場で東都大学野球Ⅰ部リーグの最終戦を戦い、閉会式に出席していた選手たちは、午後5時半ごろからたまプラーザの硬式野球部合宿所内に集まり始め、テレビで流れるドラフト会議の様子を固唾を飲んで見守りました。

祝福される田中君 午後6時30分ごろ、読売巨人軍が4巡目で田中君を指名したことが報じられると部員たちは立ち上がり喜びを爆発させていました。田中君は、本格派左腕投手で今春のリーグ戦でベストナインに選ばれるなど活躍し、急成長を遂げました。

指名直後の山下君 つづいて、5巡目で山下君が横浜DeNAから指名されると、山下君は田中君と抱き合い、頬には喜びと安堵の涙が光っていました。山下君は、今年主将を務め、試合では主に1番・三塁で春・秋連続準優勝に堅実な守備と思い切りのよい打撃で攻守にわたりチームに貢献しました。

記者会見 鳥山泰孝監督とともに記者会見に臨んだ2人は、それぞれ「一日でも早く一軍でローテーションを守れるよう頑張る」(田中君)、「チームの日本一のために貢献したい」(山下君)と意気込みを語りました。4年間2人を育ててきた鳥山監督からは「2人にはプロでも通用する負けん気がある」と教え子たちの背中を押していました。

ユニフォームを着て記念撮影 会見終了後には、第2体育館で記念撮影。大勢の部員たちとともに緊張から解放され喜びを爆発させていました。

撮影する取材陣 今日は、テレビ局や新聞社から取材スタッフが来校。本学初の2人同時プロ野球選手誕生の瞬間をカメラに収めていました。

狂言鑑賞会(2日目)

 昨日に引き続き、午後1時から605教室特設舞台で狂言鑑賞会が開催されました。

文相撲のシテ・山本東次郎氏   今日の演目は、狂言「文相撲(ふずもう)」、「清水」、「六地蔵」と語の「鵺(ぬえ)」。前日同様に着物姿の徳江元正本学名誉教授の進行で始まり、来場者を古典芸能の世界へ誘いました。

   小学生対象の鑑賞会でも説明されていた「人間の愚かさを笑う」という狂言のもつ本質に触れ、時に笑い、時に真剣に観客は特設能舞台で繰り広げられる人間ドラマに浸っていました。(写真は、「文相撲」でシテ(大名)を演じる山本東次郎師。)

語「鵺」 語では、山本凛太郎氏が初役で世阿弥作の「鵺」に挑みました。語「鵺」は、能の「鵺」前場と後場の間に「鵺が物語の経過を語る」もの。凛太郎氏の朗々とした声で語られる世阿弥が作り上げた世界が教室中に広がりました。

仕舞の様子 すべての番組が終わると、東次郎師が舞台上に登場し、恒例のお話。今日上演された演目の解説と、裏話、そして装束についての解説などで観客をひきつけていました。最後に東次郎師が仕舞を披露して2日間の狂言観賞会は千秋楽となりました。

小学生対象狂言鑑賞会

柿山伏の舞台 たまプラーザキャンパスでは、午前11時から近隣の小学校5校(新石川・美しが丘東・山内・元石川・鴨志田第一)の6年生(合計約470人)を招待して、小学生対象の狂言鑑賞会を開催しました。

 山本東次郎氏一門の若松隆氏が、狂言には普通の芝居にあるような舞台装置や幕、暗転や音楽がなく、演者のせりふとしぐさだけで物語を表現すると説明。「言葉」を「動き」をよく見ながら楽しく鑑賞してほしいと挨拶しました。

教科書で親しまれる柿山伏 番組は教科書にも登場する「柿山伏(かきやまぶし)」。主役のシテ(山伏)を山本則重氏、相手役のアド(柿主)を山本則秀氏が演じました。現在、小学校では、伝統芸能が学ばれており、小学校6年国語教科書(光村図書出版発行)には山本東次郎家台本による「柿山伏」が掲載されています。
 15分ほどの番組で、山伏が柿を採ろうとする様子やカラスの鳴き声など、興味深く聞いていました。

ワークショップ 上演後は、若松氏と山本則秀氏によ解説がありました。若松氏からは「人の愚かさを笑いで表現しているのが狂言である」と説明されました。

 最後に、泣くしぐさ、笑うしぐさ、「びょうびょう」と犬が鳴くしぐさ、そして、狂言の「蝸牛」からお囃子の部分を全員で実演しました。今も同様でも親しまれる「でんでんむしむし」のリズムに合わせて手拍子を打ち小学生対象の鑑賞会は1時間ほどで終了しました。

前へ

次へ