2014年10月02日(木)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

司法試験合格者祝賀会

武田誠委員長挨拶 本日午後6時から渋谷キャンパス若木タワー18階の有栖川宮記念ホールで、平成26年司法試験合格者の祝賀会が催されました。今年度は予備試験の合格者1名を合わせ、5名の修了生が司法試験に合格。その内ご事情で欠席した1名を除いた4名が、本日の祝賀会に参加しました。

 開会にあたり、武田誠法科大学院院長から挨拶がなされ、続いて来賓挨拶として赤井益久学長からご祝辞を頂戴。河合繁昭法科大学院准教授・渋谷パブリック法律事務所長の乾杯の発声で宴がはじまりました。

 

 

 

武田委員長、司法試験合格者紹介 法科大学院在学生や学部生、教職員との歓談の中、武田院長から合格者の紹介がなされ、合格までの努力の軌跡を垣間見ることができました。
 会の最後には法科大学院OB、教職員から合格者に花束を贈呈。続いて合格者一人ひとりから、法科大学院受験・在籍時のエピソードや、サポートしてくれた親御さん、教職員やロー・ライブラリーへの感謝の気持ち、そして今後の抱負などが熱く語られました。

 5人のこれからの一層の活躍を期待します。

平成26年度司法試験合格者と語る会

司法試験合格者の話に聞き入る学生 本日午後4時から渋谷キャンパス120周年記念2号館2401教室で、「平成26年度司法試験合格者と語る会」が開催され、法曹を目指す学部生25人が集いました。本学法学部卒業生で、今年度の司法試験に見事合格した3人、塚田佳史氏(法律学科卒・本学法科大学院平成24年度修了)、土居太郎氏(法律専門職専攻第1期生・千葉大学法科大学院平成25年度修了)、本間謙氏(法律専門職専攻第1期生、慶應義塾大学法科大学院平成25年度修了)が講師となり、学部での学びや、法科大学院入試、司法試験対策などについて実体験を話されました。適宜参加者からの質問も受け付け、より具体的なアドバイスをする場面も。司法試験合格者と語る会は、学部生にとって学部での学びや進路を考える機会となったようです。

通学指導

朝の登校の様子 渋谷キャンパスでは、前期までと同様に授業が行われる平日の午前8時20分から8時50分まで通学路に職員が立ち、通学指導を実施しています。

 朝晩の気温が低くなり、秋らしい装いの学生の姿が多く見られました。

前へ

次へ