2014年01月30日(木)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

岡野弘彦先生の文化功労者受賞を祝う会

 昨年11月に文化功労者受賞の栄誉に輝かれた岡野弘彦本学名誉教授のお祝いの会が、本日午後5時から明治記念館で執り行われました。この会は、学校法人國學院大學と岡野先生が短期大学の学長を務められた学校法人國學院大學栃木学園が主催し、約60人の両法人関係者、ご学友らが集いました。

 木村好成学校法人國學院大學栃木学園理事長の挨拶の後、坂口吉一理事長から、学校法人國學院大學有栖川宮記念賞の表彰が行われ、表彰状と目録が岡野先生に渡されました。

 

 続いて挨拶に立った岡野先生は、折口先生の学問について触れた上で、「本当は折口先生がもらうべき賞の一つをいただいたという思いがしている。そのことが何よりありがたく、うれしい」と思いを述べられました。その後、坂口理事長の発声で乾杯となり、懇談に移りました。会食の合間には、岡野先生とともに本学で学んだ千勝三喜男氏(國學院大學久我山中学高等学校元校長)と作家で本学客員教授の嵐山光三郎氏が祝辞を述べました。千勝氏からは岡野先生をはじめ学友とともに昭和18年に本学に入学し、苦楽をともにした当時の思い出を、嵐山氏からは、岡野先生の師である折口信夫博士に関するエピソードなどが紹介され、岡野先生は、時折うなずきながら静かに話に耳を傾けていました。

 今日は、昭和18年に本学予科に入学された岡野先生のご学友も出席。思い出話に花を咲かせる一幕もありました。

 お祝いの会は、赤井益久学長が中締めを行いお開きとなりました。岡野先生は、今年で90歳をお迎えとのこと。挨拶のなかでは、先生のご健康とともにますますのご活躍を祈念する言葉が多く聞かれました。

緑萼梅

緑萼梅 火曜日から最高気温が15度前後と少しだけ暖かくなり、春が見え隠れし始めました。

 学術メディアセンター前の緑萼梅(リョクガクバイ)が咲き始め、道行く人たちに笑顔を振りまいていました。

前へ

次へ