2014年01月20日(月)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

経済学会懸賞論文合評会

 本日午後0時10分から、若木タワー0509教室では、経済学会懸賞論文合評会が開かれました。投稿があった31本の論文の中から厳正な審査の結果、優秀賞3本・奨励賞6本・佳作8本・努力賞4本が決まり、尾近裕幸学会長・経済学部長から表彰されました。
 茅野信行経済学部教授の司会で合評会は始まり、、尾近学会長・経済学部長・教授が「問題意識に形を与えて広くコミュニケーションを図るのが論文。思考を伝える力を示してくれたことをうれしく思う」とあいさつ。大塚院友経済会副会長のあいさつに続き。表彰が行われました。優秀賞の受賞者には併せて院友経済会賞も贈られました。
 最後に木下順経済学部教授が講評を述べて、会は30分ほどで終了しました。

前へ

次へ