2014年01月03日(金)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

箱根駅伝@閉会式

第90回箱根駅伝閉会式 試合終了後の15時50分からは、東京ドームホテル地下1階「天空」で閉会式が行われました。

 出場全23チームの選手・監督ほか関係者等が一同が出席して厳かな会が進行しました。

 エルガー作曲「威風堂々」をBGMに、総合優勝校やシード入賞校にトロフィーや盾が授与。
 最後に関東学生陸上競技連盟幹事長の閉会宣言で、第90回東京箱根間往復大学駅伝競走が全て終了しました。

 監督・選手・関係者の皆様、そして応援してくださった多くの方々、本当にお疲れ様でした。また来年の箱根駅伝が盛況になることを、祈念致します。

箱根駅伝@報告会

  レースの終了後には、場所をゴール付近の大手町ファーストスクエアEASTに移し、応援していただいた皆さんに陸上競技部から応援への感謝と結果報告が行われました。

 最初に前田康弘監督が、「選手は力をだしきった襷は途切れたが、選手は来年に繋がっている」と語りました。特に、襷が途絶えた9区の吾妻君は、体調不良から最後は意識がうつろな中、襷をつなごうと走り続けていたことを明かし、思わず涙する関係者の姿が多く見られました。

 続いて、寺田夏生主将があいさつし、「昨年シード権を取れず、今年は、先輩や後輩のためにも取り返したかった。復路では後輩が気持ちのある走りをしてくれた。来年は、後輩たちが悔しさを晴らしてくれると思う」と止まらない涙をぬぐいつつ語りました。

 報告会後は、監督・コーチ・選手・スタッフが円陣を組んでミーティング。早くも来年の箱根路でのリベンジに向けて、「明日の朝から練習」と決意を固くしていました。

箱根駅伝@10区

新たな襷(たすき)を胸に走る塚本君 トップから20分後、鶴見中継所では、7チームが一斉繰り上げスタートしました。ほかの区間と違い、10区は大学の襷で走ることができます。塚本一政君(法3)の胸にはしっかりと新しい大学の襷がかけられていました。

京急蒲田_応援ポイント 10区京急蒲田駅では、応援ポイントで横断幕を準備して、本日メンバー変更で走る塚本君を待ちます。

京急蒲田を走り抜ける塚本君 トップから21分を過ぎたころ、日差しを背に、塚本一政君(法3)が走り抜けていきました。

 

 こちらは北品川の様子。

品川駅を過ぎて走る塚本君 品川駅前からゴールまでは途切れなく沿道での応援があり、23チーム全員に声援がかけられます。
 塚本君も大きな声援の中を17番目に品川駅前を通過。

 

 総合17位で大手町フィニッシュを迎えました。みなさま、ご声援ありがとうございました。

 襷はつながりませんでしたが、新たな一歩が始まっています。今後ともご支援のほどお願い申し上げます。

箱根駅伝@9区

保土ヶ谷_吾妻君 9区は本日メンバー変更で吾妻佑起君(健体2)が走ります。昨年は復路8区を経験しています。

 こちらは保土ヶ谷付近を通過する様子。後ろに法政大学が見えます。

横浜駅_吾妻君 横浜駅では法政大学と並走しながら、走行順位10位でトップとの差17分3秒で通過。

 その後、走行順17位トップとの差20分7秒で鶴見中継所へ。10区の塚本君(法3)は新しい大学の襷を胸にトップから20分後走りだしたあとでのゴールとなりました。

 総合順位17位、トップとの差25分30秒でした。

箱根駅伝@8区

 8区は蜂須賀源君(健体1)。今回唯一の1年生です。走行順9位で襷を受け取り、平塚から戸塚中継所を目指します。

湘南大橋_帝京・東海と並走する蜂須賀君 相模川を渡る湘南大橋では、帝京大学・東海大学と並走中。

藤沢小学校の先藤沢橋付近を帝京大学と並走する蜂須賀君 本学の応援ポイント藤沢市立藤沢小学校の先、藤沢橋交差点付近で帝京大学と並走する様子。

 戸塚中継所では走行順9位トップとの差15分22秒。総合順位15位トップとの差20分45秒で、9区の吾妻君に襷をつなぎました。

藤様

箱根駅伝@7区

二宮駅前付近を帝京・東海と並走する廣川君 7区は本日メンバー変更で廣川倖暉君(神文2)。昨年は4区を経験。今年は逆方向で走ります。

 12番目に襷を受け取り、こちらの二宮駅前では、走行順8位を東海・帝京・国学院の3チームが並走。日本テレビのバイクカメラも密着しています。

 廣川君は区間6位の好走。走行順9位トップとの差13分で8区の蜂須賀君(健体1)に襷をつなぎました。

 総合順位15位トップとの差18分23秒。そして、10位法政大学との差が3分47秒となりました。

箱根駅伝@6区

大幣による応援 スタート地点では、7時過ぎから全学応援団、ドリル競技部シールズ、吹奏楽部が応援。大幣を使った本学らしい応援も。

 Twitterでご紹介した素足で応援する団長の凛々しい姿は取材日誌facebookでご覧ください。

 

 楽器も凍る吹奏楽部も頑張って応援。吹奏楽部応援風景

県立箱根恩賜公園前を通過する湯川君 11位以下13チームが繰り上げ一斉スタートなった6区。今年の山下りは湯川智史君(経営3)。県立箱根恩賜公園前では、一斉スタートチームが集団となって通過。

大平台駅前応援ポイント 大平台駅前の本学の応援ポイントも7時過ぎには準備万端。

ああ

大平台通過する湯川君 8時50分過ぎ大平台の応援ポイントを湯川選手が通過。

 区間9位の力走で、襷を7区廣川倖暉君(神文2)に渡しました。(写真は箱根湯本)

 この時点で、走行順は12番、トップとの差11分49秒。正式順位15位、トップとの差17分13秒での通過となりました。

前へ

次へ