2013年12月06日(金)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

第93回12大学企画業務担当者会議

 本日午後2時30分から、渋谷キャンパス常磐松ホールで「第93回12大学企画業務担当者会議」が開催されました。当会議は、12校の私立大学で組織された企画担当者の会議で、今回は講演会も実施し、各大学の企画担当者の他に本学の他部署の教職員も参加しました。

 講演会に先立ち、本学赤井益久学長より開会の挨拶があり、本学の案内とともにガバナンスについても紹介がありました。

 引き続き、大学マネジメント研究会会長・関東学院常務理事・梅光学院理事長の、本間政雄氏の講演となりました。
 講演は「私立大学に求められる大学運営」と題し、高等教育の環境変化と高等教育政策の行方に触れた上で、近未来・遠未来から見た「未来志向の戦略的大学運営」を説明し、そうした中で大学運営の担い手、そして大学を運営する上での心構え等に触れていました。
 積極的な質問を出るなど、参加者は本間氏の講演に傾聴していました。

 その後各大学の企画担当の参加者は、博物館を見学をし、第2部の意見交換親睦会へと移りました。

外国語文化学科 2年生向け就職ガイダンス

 

 本日、午後12時10分より渋谷キャンパス120周年記念1号館1402教室にて、文学部外国語文化学科の2年生を対象にした就職ガイダンスが行われました。

 昼休みの時間を利用して開催された今回のガイダンスには、約30名ほどの学生が参加。はじめに最近の就職事情や求められる人材像、そして同学科の主要進路先が紹介されました。また、外国語が話せるよりも先ずは社会人としての正しい日本語やビジネスマナー、教養を身につけることの方が大切だと講師を務めた本学キャリアサポート課の原田課長は指摘。2年生であってもキャリアサポート課を積極的に活用ながら就職活動の準備を進めて欲しいといったことも伝えられました。

 

 

教育インターンシップ連絡協議会

 本日、たまプラーザキャンパス411教室において「教育インターンシップ連絡協議会」が行われました。

 午後3時より開始された協議会には、インターンシップを受け入れている小・中学校や幼稚園の先生方、実際に参加している、もしくは次年度以降に参加を検討している学生らが多数参加。先生方による実施状況報告や、参加者している学生らによる各校での活動内容など、それぞれの立場からの報告が行われました。

 人間開発学部における今年度の「教育インターンシップ」には、初等教育学科と健康体育学科あわせて約80名の学生が履修しています。参加した学生の中には、単位認定に必要な時間を越えて活動を継続しているケースも多くあるようです。そうした単位取得目的だけではない、教育に携わる者として自覚と姿勢が高く評価されていました。

 本日の連絡協議会には、次年度より履修登録が可能となる子ども支援学科の学生も多数参加しており、とても良い情報収集機会にもなっていました。

國學院雑誌座談会

 本日午後2時から、渋谷キャンパス若木タワーの会議室で國學院雑誌の座談会が行われました。諸星美智直文学部教授、久野マリ子文学部教授、シュテファン・カイザー文学部教授、御園生保子東京農工大教授、三井はるみ国立国語研究所助教、岩橋清美本学兼任講師によって「江戸語・東京語から首都圏方言へ」をテーマに話し合われました。
 今回の座談会は、國學院雑誌116巻2号(平成26年2月発行)に掲載予定です。國學院雑誌は、文学部 神道文化学部 大学院文学研究科 専攻科 別科 在籍者は、在学中に発行されたすべての「國學院雜誌」が受取可能です。

  それ以外の場合は購入となります。受け取りは広報課まで。

ミズーリ大学セメスター留学「Skype説明会」

 本日午前9時10分から、渋谷キャンパスの国際交流センターではミズーリ大学(米国)セメスター留学のSkype説明会が行われました。

 ミズーリ大学プログラムコーディネータとSkypeで結び、国際交流課員のお手伝いを受けながら、同大学セメスター留学(LEAD Program)の概要説明プレゼンテーションを行いました。
 参加者が直接ミズーリ大学に質問ができることも、Skypeならではの魅力です。留学に関心のある方は、積極的にイベントに参加しては如何でしょうか。

前へ

次へ