2013年09月02日(月)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

折口信夫年祭と墓参の旅―石川県羽咋市を訪ねて―(2日目)

 明日9月3日は、本学元教授で民俗学者の折口信夫先生の60回目の祥月命日です。オープンカレッジ「折口信夫・釈超空研究11 折口学とアジア文化研究ー折口信夫没後60周年記念―」の関連企画として、小川直之文学部教授の引率のもと、オープンカレッジ受講生が折口信夫・春洋父子の墓がある石川県羽咋市を2泊3日をかけて訪ねています。

 一行は、昨日午後羽咋市に到着し、気多大社や折口信夫の養子・春洋の生家「藤井家」などをめぐりました。今日は、朝から強い雨が降る中、七尾市内などを観光し、羽咋市内のコスモアイル羽咋へ。ここでは、小川教授が講師を務める「折口信夫没後60年記念講演会市民講座」(羽咋市・羽咋市教育委員会・折口父子記念会主催)を受講しました。

折口信夫没後60年記念講演会

 市民講座は、「折口信夫の常世論」と題して行われ、羽咋市民の方々も多く来場し、会場はいっぱいになっていました。小川教授は、万葉集に詠われた「常世」を解説したうえで、折口信夫が記した2本の論文の一部から、折口自身が考えた「常世」の概念が変化していることを紹介しました。最後に小川教授は、「常世」について考えることは、「今を生きる人間に価値観や世界観を持っているかを問いかけている」と語っていました。

折口信夫60年祭前夜祭

 午後6時から、羽咋市寺家町にある折口信夫の養子・春洋の生家・藤井家で折口信夫60年祭前夜祭が行われ、関係者が参列しました。斎主は、折口信夫の教えを受けた岡野弘彦本学名誉教授が務めました。祭典を前にあいさつに立った岡野名誉教授は、60年の節目を迎えた今の思いなどを語りました。

 祭典は1時間ほどで滞りなく終了しました。

 

 明日は、午前10時から年祭が斎行されます。その後折口信夫自身が建てた折口信夫・春洋父子の墓を参拝する予定です。

 午後1時からは、折口信夫没後60年記念講演会記念講演が、コスモアイル羽咋で行われます。講師は、岡野名誉教授です。お近くにお住まいの方は、ぜひご来場ください。

 羽咋市歴史民俗資料館では、9月16日(月・祝)まで「羽咋に眠るまれびと折口信夫」と題した記念展を開催中です。


 また、本学博物館でも企画展「没後60年記念展折口信夫・釋迢空―情念の伝達」が開催されます。(会期:9月22日(日)~10月27日(日) 入場無料)
 こちらにも是非ご来場ください。

ティガー相模原FC能力測定

筋力を測定する機械に座る中学生 本学人間開発学部では、NPO法人チームさがみはらプラスと連携して、サッカーを通じた人材育成のサポートを行っています。本日は、ティガー相模原FCの中学生約15人がたまプラーザキャンパスに集まり、午後6時30分から能力測定を実施しました。

 

4種類の心理テストも実施 それぞれのグループに分かれ各種測定機械を使って、体組成・骨密度・筋力・筋肉量などを測定しました。また、別の教室では心理テストも実施し、個々の持つ特性をチェックしました。本日測定された結果は、同クラブチームの指導者に提供される予定です。

南開大学セメスター留学通信(授業開始)

授業開始 今年も南開大学セメスター留学が始まりました。8月29日(木)に南開大学に到着し、週末を利用して買い出し等をして生活環境を整えました。毎日新鮮なせいか、早くも「日本にいる時より楽しい」と言う学生もいます。
 そして、いよいよ本日から授業が始まりました。
 日本の大学での初回授業と同じく、まず成績評価方法等の説明があります。遅刻は10分まででそれ以上は欠席扱い、教室では母国語使用不可、大きな声で中国語で話すこと等の注意事項が説明されました。
 こちらでは毎日宿題が出ます。もちろん予習復習は欠かせません。四ヶ月後にどれくらい中国語が上達しているか楽しみです

NHKBS「プレミアムアーカイブス」取材

取材を受ける茂木貞純教授 NHKで過去に放送した膨大な番組の中から、その時々にあったテーマを設定して、今一度ご覧いただく番組・NHKBS「プレミアムアーカイブス」。
 9月30日(月)から10月2日(水)の3日間、「神々の社とともに」というテーマで、「伊勢神宮ー受け継がれるこころとかたち(2005/12/23放送)」、「春日大社ー神が降り立った森で(2010/5/59放送)」、「代々木の杜の物語―明治神宮(2004/4/15放送)」の3本を放送するにあたり、茂木貞純教授が番組の見どころをコメントすることになりました。その事前打ち合わせが、15時から茂木先生の研究室で行われました。

 本日の4時間半にわたる打ち合わせを基に、9月20日に番組収録されます。

 各日午前9時から放送予定です。地元の氏神さまでの秋祭りや伊勢の神宮の式年遷宮など、神社を身近に感じる機会も増えるこの秋、知識の再確認も含めてぜひご覧ください。

月次祭

 最高気温33℃の厳しい残暑の中、月次祭が午前10時から渋谷キャンパス神殿で斎行されました。
 今秋も残暑が長引くとの予報です。熱中症にも留意して、体調管理は万全にしておきましょう。

前へ

次へ