2013年04月13日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

日本文学科講座担当者懇談会

飯倉助教の新任挨拶 本日午後3時から、若木タワー有栖川宮記念ホールで、日本文学科講座担当者懇談会が行われ、同学科の専任教員と今年度同学科が開講する講座担当の兼任講師あわせて約90人が出席しました。

 会では、同学科の新任専任教員の挨拶や、今年から講座を持つ兼任講師の方々の紹介などが行われたほか、出席者同士の和やかな懇談が続いていました。

合同稽古始

修祓を受ける見学者 渋谷キャンパス120周年記念2号館祭式教室では、午後1時から神道系サークル(青葉雅楽会・みすず会・瑞玉會・禮法研究会)の合同稽古始が行われました。合同稽古始は、毎年年度初めに行っている行事。各会に入会を考えている学生などが見学する中、稽古始は祭儀の部と奉納の部に分かれて執り行われ、祭員や楽人、舞姫まで全てを4団体に所属する学生が務めました。

 祭儀の部では「稽古始奉告祭並新入生歓迎祭」を執り行い、瑞玉會と禮法研究会の学生が祭員を、青葉雅楽会の学生が伶人を務めました。祭員の学生は一つ一つの作法を丁寧に基本通りに行い祭典を奉仕しました。

朝日舞を見学 奉納の部では、青葉雅楽会の学生が笙・篳篥・竜笛の三管で、「武徳楽」や「賀殿急」などを演奏しました。引き続き、みすず会の学生の神楽舞「紅わらべ」と「朝日舞」が舞われ、合同稽古始は終了しました。

 青葉雅楽会・みすず会・瑞玉會・禮法研究会・神輿會若木睦の5つの神道系サークルは、神道文化学部が行っている秋の観月祭や成人加冠式でも練習の成果を毎年披露しています。今日の見学者の中から何人の学生が、今後の観月祭や成人加冠式などの担い手になってくれるのでしょうか。

 

採用説明会

他大の学生が9割以上占める会場で話をする若手職員 平成26年度事務職員募集の採用説明会が午後4時から120周年記念2号館2104教室で実施され、約100人の本学職員を目指す大学4年生が集まりました。
 大学を取り巻く環境、本学のこと、大学職員とはなどが人事担当者から説明されたのち、入職8・4・3年目の職員へのインタビューという形式で会は進みました。
 「なぜ大学職員を志望したのか」「今の仕事」「やりがいを感じるとき」「面接で緊張しないコツ」などについて先輩職員が語る一言一言を書き留め、終了後、3人に質問する学生の姿も見受けられました。
 応募はWebエントリーと必要書類の郵送になります。4月24日(水)までに必着で、書類の持ち込みは不可となっています。詳しくは、下記「平成26年度事務職員募集要項」をご確認のうえ、ご応募ください。

 

学校見学会(國學院大學栃木高等学校)

秦入学部長の講演 本日、國學院大學栃木高等学校2年生国大進学クラスの大学見学会が開催されました。初めに、秦信行入学部長・経済学部教授が、講演を行い、国大進学クラスでの本学と國學院大學栃木高校とが連携して行っている授業などについて説明。本学入学をめざす高校生約60名にメッセージを贈りました。

K-PITを説明中 その後、学生アドバイザーの案内で渋谷キャンパス内の諸施設を見学。図書館と博物館ではそれぞれの施設のスタッフから館内の紹介を受けていました。渋谷キャンパスでの見学が終了すると一行はたまプラーザキャンパスへ。

 

人間開発学部の説明をする新富学部長

 14時ごろからは、新富康央人間開発学部長・教授が講演を行いました。教育系学部は必修科目が多く大変な面もありますが、将来、教育者の道に進みたいと考えている人はチャレンジしてほしいと語りました。

 

図工室の説明をする初等教育学科の学生 その後、渋谷キャンパスと同様に、学生アドバイザーの案内でキャンパスを見学。リトミック教室や図工室、トレーニングルームなど、人間開発学部ならではの施設を見学しました。

万葉エコBeeプロジェクト@たまプラーザキャンパス

内検を行うプロジェクトメンバーの学生 たまプラーザキャンパスで養蜂活動を行っている万葉エコBeeプロジェクトでは、内検(ミツバチの健康チェック)活動を実施しました。先週は採蜜を行い桜のハチミツを6kg採取しましたが、本日の採蜜はお休み。女王蜂や働き蜂が病気に罹っていないか、新しい働き蜂は誕生しているか、蜜は採取してきているかを確認しました。

 

元気に動き回る女王蜂(写真中央) 女王蜂は群れの中に1匹だけ。2匹になると群れの主導権争いが始まってしまい、負けた女王蜂は家来の働き蜂を引き連れて他の場所へ移り住んでしまいます。その際に民家の軒下などに溜まってしまうことがあるため、プロジェクトではここからの季節はこまめにチェックを行い、群れの状況を絶えず把握しておく必要があります。女王蜂もさることながらここ最近の暖かさで群れの個体数が爆発的に増えていて、今日も内検中に何匹もの働き蜂が誕生していました。

 

働き蜂も続々誕生 内検終了後は今後の活動計画をプロジェクトメンバーで話し合いました。1年生勧誘の方法や一般公開イベントの内容なども検討しました。同プロジェクトでは昨年度と同様に一般公開イベントを実施する予定です。今後の予定や、参加の申し込みは万葉エコBeeプロジェクトオフィシャルサイトで確認してください。

プリンスリーグ@たまプラーザ

本日の天気は晴れ、絶好のサッカー日和 本日、たまプラーザキャンパス球技場では高円宮杯U-18 サッカーリーグ「プリンスリーグ」が開催され、國學院大學久我山高等学校と鹿島学園高等学校と対戦しました。

 

久我山高校の関係者や保護者も応援 このリーグは18歳以下でJFA(日本サッカー協会)に第2種加盟または準加盟しているチームが参加するもので、久我山高校が所属する2部リーグは4月7日から開幕しました。本学でも同リーグに協力し、たまプラーザキャンパス球技場を試合会場として提供しています。

 

白熱した試合が展開されました 4月7日の初戦では川崎フロンターレU-18に3対1で快勝した久我山高校でしたが、本日の相手は強豪の鹿島学園ということもあり3対3のドローで試合は終了しました。

考古調査士ガイダンス

ガイダンス終了後質問に応える中村助手 考古調査士資格ガイダンスが午後0時50分から120周年記念2号館2103教室で開催されました。
 「考古調査士」とは、大学などの教育委機関で考古学を専門に勉強した学生などからの申請に基づき「考古調査士資格認定機構」が認定する資格。本学では2011年度から考古調査士資格認定機構に加盟、必要単位を修得すれば「考古調査士資格(2級または1級)」の資格認定申請が可能となっています。
 詳しくは下記「國學院大學の考古学」Webサイトや、考古学実習室に直接伺って内容をご確認ください。

桜(天の川)

桜(天の川) 風は冷たいものの、日差しは春そのもの。120周年記念2号館前の桜(天の川)は、八重のそのふくよかな花を咲かせていました。

防災意識

防災グッズ 今朝5時33分、兵庫県淡路島付近を震源として発生した地震は、淡路市では震度6弱という大きな揺れをもたらしました。1995年1月17日午前5時46分に発生した兵庫県南部地震に端を発した阪神・淡路大震災が脳裏をよぎった方もいらっしゃるかと思います。
 新学期、一人暮らしをスタートしたり、勤務先が変更になるなどで、新たな場所での生活が始まっている方も多いと思います。
 現在地での避難経路や、防災グッズ、非常食等あらためて見直しましょう。

前へ

次へ