2013年04月10日(水)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

2年生対象教職ガイダンス

教員の資質について語る教職センタースタッフ 本日、渋谷キャンパス1105教室では、教職センター主催の2年生対象教職ガイダンスを実施しました。
 こちらは教職を目指す2年生に対して教員採用までのロードマップを示し、全体を把握してもらうためのガイダンスで、教員に求められる資質や仕事の内容、教員採用試験の流れと試験の出題範囲など説明は多岐にわたりました。
 終了後「考えが甘かった」「本当に教員を目指せるのか」といった会話が聞こえてきましたが、「先生」と呼ばれる仕事の現状把握こそが教職を目指す学生の第一歩。仕事の大変さを認識できたことが今日の最大の収穫ですので、一歩一歩着実に前に進んでください。

TOEIC講座ガイダンス

初歩から始めるTOEIC講座ガイダンス 午後2時30分から3号館3301教室で「TOEIC講座ガイダンス」が開催され、株式会社OTCのTOEIC対策日本人講師による説明が行われました。
 会場には60人以上の学生が参加し、立ち見となるほど。今回のガイダンス参加者のほとんどが1年生でしたが、講座自体は学年を問いません。興味のある方は下記「初歩から始めるTOEIC講座」のページをご覧ください。

特別ミュージアムトーク

古手川博一氏による「メキシコの考古学」 この4月から「伝統文化リサーチセンター資料館」から名称変更した「國學院大學博物館」では、より深く展示資料を観賞していただくためにミュージアムトークを開催しています。
 本日はその特別版として、本学卒業生で現在、メキシコ・ベラクルス大学教授としてご活躍中の古手川博一氏による「メキシコの考古学」というテーマでの講演会が午後4時から開催されました。
 メキシコの発掘調査の現場を様子を、氏の担当する実習風景等の写真を踏まえて紹介。実測図の作成など、国は違っても、大学で学んだ精度の高い実習技術や理論は、有用であることなども触れられていました。

 単身でメキシコに向かい道を開拓した氏が帰国するのは希なこと。考古学を学ぶ学生・教職員を中心として本学の聴講者約30人で記念撮影を行い、会は終了しました。
 下記facebookで現在進行中のプロジェクトが確認できますので、ぜひご覧ください。

女子栄養大学生が栄養学を講義

講義の様子  昨年度から本学スポーツ学寮「青葉寮」と女子栄養大学スポーツ栄養サポート部では、寮生の栄養指導をする連携事業をスタートさせています。今日は午後5時からたまプラーザキャンパス101教室で、硬式野球部、柔道部、ラグビーフットボール部の学生を対象にアスリートに必要な栄養に関する講義が行われました。

  講義は昨年度から栄養指導に携わる女子栄養大学生4人がおこない、アスリートがベストコンディションをつくるためのエネルギー補給の基本的な知識や、身体の疲労の仕組みや回復のために役立つ栄養素などについて40分ほどをかけて説明しました。

 質疑応答の様子

質疑応答の様子  その後、各部会の学生が質疑応答に立ち、「試合時期によい食事のメニューは?」「減量中の食事に適したものは?」といった自分たちの実生活の悩みや疑問を投げかけていました。

  女子栄養大の学生が、質問にていねいに答えたほか、硬式野球部、柔道部それぞれに向けて定期的に作成しているレポート「食力」のなかで、詳細に質問に答えるということです。

4年生対象就職支援ガイダンス

ガイダンスの様子 本日午後2時30分から渋谷キャンパス120周年記念1号館1201教室で、キャリアサポート課主催の4年生支援企画「就職支援ガイダンス」が行われました。ガイダンスでは、外部から招いた講師が、今年度の就職環境について説明。その後、キャリアサポート課に届く求人の実績や、今年度の同課主催の講座や説明会のスケジュールなどについて説明がありました。4年生にとって就職活動はこれからが佳境。キャリアサポート課をはじめ学内の就職支援窓口を上手に活用して、内定や合格を勝ち取ってください。

前へ

次へ