2013年04月06日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

平成25年度研究開発推進機構全員連絡会

今年度から機構長に就任した井上教授 学術メディアセンター常磐松ホールでは、平成25年度研究開発推進機構全員連絡会が開催されました。この連絡会は本学研究開発推進機構の専任教員・兼担教員・研究員が集まり、研究開発推進機構の人事に関する辞令交付と今年度の事業計画を説明する会議で毎年4月に開催されています。

 冒頭に赤井益久学長より挨拶があり、続いて今年度より新たに就任した井上順孝機構長が挨拶に立ちました。井上機構長は、本学が誇る設備と人材を活かし、今まで行ってきた研究活動の成果を教育に還元し、また、海外の研究者にどのように伝えていくのかを検討しつつ日々の研究に臨んで欲しいと語りました。

たまプラーザ桜まつり

子どもたちに読み聞かせをする絵本キャラバン学生 たまプラーザでは桜フェスティバルのひとつである「桜まつり」が美しが丘公園で開催され、本学からは万葉エコBeeプロジェクトと絵本キャラバンの学生が参加し、イベントを実施しました。

巣枠のサンプルを見せて説明する万葉エコBeeメンバー 万葉エコBeepプロジェクトでは、養蜂活動で使用しているさまざまな道具の展示とお絵かきコーナーを設置。絵本キャラバンでは絵本の読み聞かせを行いました。午後からは爆弾低気圧の接近に伴い天候悪化が予想されていましたがイベントは多くのお客さんで賑わい、無事に終了しました。

春の嵐

日本タンポポとミツバチ 低気圧が急速に発達することによって、台風並みの悪天候になる「春の嵐」。関東地方は夜から暴風雨になりそうです。大学も18時に終了。課外活動も休止し、入校も制限しています。テレビ等情報収集を行って、外出は控え、ベランダの植物等屋内に入れておきましょう。

 たまプラーザは午前中は、薄日が差し、嵐の前の静けさ。タンポポにはミツバチが仲良く2匹が蜜を集めていました。こちらのタンポポは「日本タンポポ」。現在は西洋タンポポに押され気味で少なくなっていますが、たまプラーザ周辺にはまだ残っています。
 一番簡単な見分け方は、総苞片(そうほうへん)と呼ばれる花くびの部分のがくような反り返りの有無。こちらの日本タンポポには反り返り部分がありません。

 色も淡いレモンイエローのようなさわやかな黄色です。春の道、少し気にかけて見てはいかがでしょうか。

新任教員研修会

加藤副学長の説明 本日はこの4月から本学に着任された新任教員の研修会も行われていました。

 午前中は事務局各部局から、自己点検評価や個人研究費、図書館利用等についての説明が行われ、午後には建学の精神、本学の教育戦略、入試・就職戦略、教育支援システム、危機管理体制等々について説明がなされていました。

新入生オリエンテーション最終日

 4月1日から行われていた新入生向けの各種オリエンテーションも本日が最終日。午後からの悪天候が予想される中、ほぼ予定通り行われました。

就職に役立つ講座説明会

ミニレッスンを交えて説明 英会話やTOEIC、公務員・知的財産検定・販売士・簿記・行政書士・ファイナインシャルプランナー・宅建の各種資格対策講座の説明が、午前10時30分から約90分、百周年記念館記念講堂で開催されました。

 こちらは昨日も午後1時30分から、午後4時からの2回行われたものと同内容。英会話講座の説明では、外国人講師も来校、ミニレッスンを交えての説明がなされていました。

 在学期間中に、自身のステップアップ、キャリアアップとして、資格にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

コンピテンシー診断

キャリアサポート課員からの説明 自身の強みや価値観を測るコンピテンシー診断は、午前10時から日本文学科と経済学部、午後1時から日本文学科以外の文学部、午後2時から法学部で実施されました。

 こちらは、1年生の時点から、将来のキャリア形成に向けて主体的な活動を開始するための動機づけとして実施されています。診断の実施に先立ち、キャリアサポート課員からキャリアガイダンスとして、就職には日々の積み重ねが大事だとの説明を受けた後、診断(自己発見レポート)に臨みました。

 4月下旬には、本日の検査結果をもとに、大学生活を充実させるための目的設定や、自己理解を促進させるためのフォローアップガイダンスを行いますので、必ず参加してください。

日本学生支援機構奨学金説明会

JASSO説明会 日本学生支援機構奨学金の受給希望者対象の説明会も行われ、今年度から奨学金を新たに希望する多くの学生が参加しました。
 支援機構制作のDVDで、本奨学金の概要や申し込み手続き等の説明がなされ、その後本学での申し込み締め切り時期や、必要書類について学生生活課員から補足説明がなされました。

 日本学生支援機構奨学金は貸与奨学金で、貸与終了(卒業)後には返還が必要です。本奨学金の申し込みを検討する際には、長期にわたっての余裕を持った経済設計を立てる必要がありますのでご注意ください。

 

 サークル勧誘

 午後か勧誘活動中らは風も強くなる中、各部会・サークルの勧誘活動も終盤戦。活発な活動をする上で新入部員の獲得は各団体にとって死活問題、本日はオリエンテーション最終日ということで午後4時までが勧誘活動時間とされていましたが、ぎりぎりまで新入生に声をかけていました。

 

博物館 ミュージアムトーク

参加者に説明する加藤学芸員 渋谷キャンパス学術メディアセンターにある博物館では、本日午後2時から展示物の解説を行うミュージアムトークが開催されました。今回は「山ノ神遺跡-古のまつりのかたち」と題し、加藤里美学芸員が解説しました。奈良県の大三輪神社近くにある山ノ神遺跡から出土した遺物のレプリカを示しながら、古代日本の信仰や同じく多くの子持勾玉が出土する群馬へどのような経路をたどったのか等をわかりやすく解説しました。天候の悪化が予想される中での開催であったため普段よりも少人数での実施となりましたが、質問も飛び交い中身の濃いイベントとなりました。

4年生対象教職支援ガイダンス

4年生を前に説明する佐藤客員教授 本日、教職センターでは4年生対象の教職支援ガイダンスを渋谷キャンパス1304教室にて実施しました。本学客員教授の佐藤美穂先生より、道徳の教科化や土曜日での授業実施など、教育現場の流れを踏まえを踏まえた上で、採用試験の傾向と受験から採用までの流れ、試験における留意点などが説明されました。

 その後、教職センター職員から、今後実施される各都道府県政令指定都市の採用説明会などのスケジュールが説明されました。今回が4年生最終のガイダンスとなるため、教職志望の4年生が多数参加し、真剣な眼差しで説明を聞いていました。

前へ

次へ