2012年07月31日(火)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

教員免許状更新講習(2日目)

グループワークの様子 教員免許状更新講習「中学校・高等学校の最新事情」の2日目、こちらは午前中に実施された大和久勝本学兼任講師による「子どもの変化についての理解」のグループワークの一コマ。
 時代とともに家族や周囲の人など、社会が子どもを見る目も変化しています。子どもたちのちょっとした変化に気が付くのは、身近な人の見守る目です。発達障害などの事例を共有することで、明日からの子どもたちとの向き合い方を考え、理解する一助となる講座でした。

クラブツーリズム

資料館スタッフによる説明 クラブツーリズムの主催の企画「気軽にそとあるき 神殿のある伝統の大学・國學院大学・渋谷キャンパスと新名所渋谷ヒカリエへ」が行われ、本学職員から神殿の説明を受けた後、伝統文化リサーチセンター資料館へ移動し、本学の神道資料を中心に、スタッフから説明を受けた後、館内自由見学となりました。
 写真のこちらの模型とは別に、伊勢の神宮の模型も展示されています。
 屋根の上に触角のように伸びている千木(ちぎ)が水平にカットされている(内削[うちそぎ]と呼びます)ことから、神宮のうち外宮ではなく内宮であることがわかるなど、誰かに教えたくなる鑑賞のポイントを展示物ごとに解説されていました。

緑のカーテン

収穫直前のキュウリ 学術メディアセンター前の緑のカーテン、元気がなく心配なキュウリに収穫直前サイズ(約20cm)に育った実ができました。

ちいさなゴーヤ ゴーヤの実は4cm程度ですが、つるはネットを超え始めました。

アサガオ アサガオもつるが伸び始め、早くもネットに巻き付くほど元気よく成長している姿も見受けられました。

図書館資料展示(準備)

柿本人麿半身像 明日から教員免許状更新講習会は、古典と日本史の教科指導に関するコースがスタートします。
 そちらに合わせて、図書館では貴重書の展示を行うため、本日はその準備が行われていました。
 ハイド氏旧蔵「竹取物語絵巻」や「奈良絵本伊勢物語」など、普段はデジタルライブラリーでしか見ることができない貴重な資料などが展示されていました。
 こちらは「柿本人麿半身像」。目線をななめ上に寄せて、月を見ながら思索している様子を描いた掛け軸はこれまで展示される機会が少なかった資料の一つです。
 こちらの展示は明日から8月8日(水)まで、朝9時30分~17時に開催いたします。8月2日の満月に向けて満ちていく様子が今夜も見ることができますので、柿本人麻呂に思いを馳せ、この機会に本物の資料と対峙してみてはいかがでしょうか。

マニトバ大学短期留学通信(昼食風景)

大きなピザをほおばる学生たち カナダ到着2日目。今日から授業が始まりました。こちらはキャンパス内での昼食の一コマです。キャンパス内には日本でも有名なサンドウィッチやコーヒーのチェーン店を始め、さまざまな飲食店が入っています。写真の学生たちは学内のPizza Shopで購入したピザを食べています。1カットのサイズが日本に比べて大きく、学生達は一枚でおなか一杯だと話していました。

前へ

次へ