2012年07月19日(木)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

日本学生支援機構奨学金採用者説明会

映像をみる学生たち 本日12時15分から渋谷キャンパス常磐松ホールで、今月新たに日本学生支援機構奨学金の採用者となった学生を対象にした説明会が行われました。
 説明会では、初めに奨学生としての今後の手続きや、返還の義務など重要な項目をまとめた日本学生支援機構が作成したDVDを観た後、この日、採用者に配布された返還誓約書について学生生活課の奨学金担当者から記入上の注意などがさらに詳しく説明されました。

 今日行われた説明会は、来週26日(木)、27日(金)にも実施され、文・法・経済・神道文化学部在籍の採用者で今回の説明会に欠席した学生が対象となります。いずれも12時15分からで会場は百周年記念館4階講堂です。
 また、人間開発学部在籍の採用者向けの説明会も、たまプラーザキャンパスで行われました。

 学生生活課の奨学金担当者によると、日本学生支援機構奨学金採用者に配布する「返還誓約書」は、決められた期日までに必要書類を整えて学生生活課やたまプラーザ事務課に提出しない場合、奨学金の採用が取り消されるとのこと。対象となる学生の皆さんは、学生生活課やたまプラーザ事務課からのお知らせをこまめに確認することが重要です。

国際協力サークル優志展示会

準備をする学生 学術メディアセンター1階多目的ホールでは、国際協力サークル優志の写真展示会が24日(火)まで行われています。
 カンボジアの支援を行っている同団体は、これまでカンボジア井戸プロジェクト、フリーマーケット、カンボジアスタディーツアーなどを行っています。
 写真展示会では、学生たちがカンボジアを訪れて撮りためた写真を多数展示し、カンボジアの現状を伝えています。
 今回は「ノート再利用プロジェクト」を企画し、使いかけで不要となったB5サイズのノートの寄付を募っています。集まったノートは、優志のメンバーの手によって再製本され、学校には通えてもお金がなく学用品を買うことができない子供たちに贈られます。
 海を渡って活躍する学生たちの活動の様子をのぞいてみてはいかがでしょうか。

 写真は、国際協力サークル優志の学生たちの準備の様子。

学びへの誘い

学びへの誘い@渋谷の会場風景 渋谷キャンパス伝統文化リサーチセンター資料館で開催されている学びへの誘い「物語にみる源平合戦」には、今日も朝から多くの方が来館されていました。

 渋谷キャンパスでの展示は7月21日(土)までです。夏の暑さを忘れて、色鮮やかに絵巻や絵本に描かれた源平合戦の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

前へ

次へ