2012年07月14日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

学びへの誘い@渋谷

開場後の館内 渋谷キャンパスでの展示会「物語にみる源平合戦-國學院大學学びへの誘い」が本日から始まり、会場のAMC地下1階伝統文化リサーチセンター資料館には、10時の開館と同時に多数のご来場をいただきました。
 明日の日曜日、明後日「海の日」も開館しております。本物に触れることができる貴重な機会ですので、興味のある方は、ぜひご来場ください。

神道文化学部主催和歌講座

和歌鑑賞中 先週に引き続き神道文化学部主催和歌講座が12時50分から3号館3307教室、14時30分からは3402教室に移動して開催されました。
 今回は、作歌したものの添削と歌会を実施しました。こちらは、「富士」というテーマで受講生のほか、鴨長明や与謝野晶子の歌、歴代天皇陛下の御製を織り交ぜて、詠み人を伏せて、1首ずつ鑑賞している様子。
 受講生は事前に、自分がいいと感じた歌を選びとり、その理由を身近な体験や心情などしっかりとした言葉で発言、その後、その作品の詠み手が明かされ、自身の作品の評価に照れながらも、作歌の意図を応えていました。
 講師の田中章義氏の優しい口調に導かれ、表現者として言葉を使うことへの一歩を踏み出した講座となりました。

日本語教育研究会

小林氏の講演 13時から2401教室では、國學院大學日本語教育研究会が開催されていました。
 4本の研究発表に続いて、16時からは筑波大学非常勤研究員で元同大教授の小林典子氏による講演「日本語学習者のための会話の文法」が行われました。
 日本語の教室で示される会話と、実際の日本語会話との違いに着目、より実際に近い会話を伝えるための試み等について、具体例を交えてお話しいただきました。

UIターンガイダンス

Uターン内定者が自身の就活を語る 14時30分から常磐松ホールでは、首都圏以外での就職を考えている3年生向けのUIターンガイダンスが行われ、約80名が参加していました。
 首都圏での就職情報に比べ、地方の情報は収集しにくいのが現状。そんな中、Uターン、Iターン就職を考えている皆さんに、UIターン就活の進め方を解説しました。
 また、すでにUターン就職が決定した4年生2名が、自身の経験や、就活のポイントを紹介するなど、3年生にとっては実りの多いガイダンスとなったのではないでしょうか。

東京都院友小・中学校校長・副校長・教頭会

大学への要望を伝える宇野会長 東京都院友小・中学校校長・副校長・教頭会が16時から若木タワー地下1階会議室02で行われました。
 今年度発足した教職センターから、教職課程履修状況や教員採用試験の報告がなされた後、危機感を共有し、大学の教職支援に協力したいとする同会の意思をどのように形にすべきか、検討されました。
 また、2年間会長として活躍された宇野彰人氏から、次年度の会長として目黒区第八中学校長の飯野博史氏が推挙され、承認されました。
 18時過ぎ、カフェラウンジ若木が丘に場所を移し、懇親会が開かれ、小・中・高の連携など、センターへの期待を込めて意見交換がなされました。

オープンキャンパス準備

受付準備中 明日・明後日は、渋谷・たまプラーザ両キャンパスで、オープンキャンパスを開催します。
 本日はその準備を、入学課の職員と学生アドバイザーのみなさんが協力して行っていました。
 体験授業やキャンパスツアー、各種説明会や相談ブースなど國學院大學とはどんなところか、入学後の自分が思い描ける工夫がされています。
 予約は不要、開催時間は10時~16時で出入り自由です。プログラムをweb上で公開していますので、スケジュールを組む際の参考にしてください。多数のご来場をお待ちしています。

万葉エコBeeプロジェクト@たまプラーザキャンパス

ミツバチの健康状態を見るプロジェクトメンバー 万葉エコBeeプロジェクトでは、本日、一般公開イベントを開催しました。今回は多くのお子さんにも参加してもらい、内検(ハチの健康状態のチェック)と、蜜の採取作業を実施しました。作業終了後は、恒例となっている採蜜量の重量当てクイズと、糖度当てクイズを行いました。

前へ

次へ