2012年07月13日(金)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

学びへの誘い準備

照度計測中 「物語にみる源平合戦―國學院大學学びへの誘い―」が、明日14日から21日まで伝統文化リサーチセンター資料館で開催されます。

 平治物語・平家物語を通して、平清盛と平家の栄枯盛衰、源頼朝の時代到来までをたどります。『平治物語絵巻』や、江戸時代に作られた奈良絵本『平家物語』、絵入り版本の『源平盛衰記』のほか、『平曲譜本』『吾妻鏡』、そして重要文化財の『梁塵秘抄口伝集』などが展示されます。

 写真は、展示に備え展示ケース内の照度を計測しているところです。

設置された大看板 明日からの展示に備え、本日は若木タワー1階に大きな立看板が設置されました。
 本学所蔵の貴重資料を見ることのできるまたとない機会ですので、是非、足をお運びください。

 なお、アンケート回答された方には本学オリジナルグッズもご用意しています。
 多くの方のご来場をお待ちしています。

サンケイリビング取材

取材を受ける「和」店長  西武鉄道の各駅で配布されるフリーペーパー「西武ニュース」と東京都内一部地域で各家庭に配布される「リビング新聞」に掲載される特集記事の取材が14時から学食「和」とカフェラウンジ「若木が丘」で行われました。
 「和」の人気商品の紹介や、和食の定食に込められた思いについて坂入店長が説明をしていました。
 掲載号は8月18日から配布される予定です。ぜひご覧ください。

教育インターンシップ連絡協議会@たま

教育インターンシップ連絡協議会 たまプラーザキャンパスでは近隣小学校の先生方をお招きし、午後4時から人間開発学部教育実践総合センターによる「教育インターンシップ連絡協議会」が行われました。大学側からは人間開発学部の開講科目である「教育インターンシップ」に関わる手続き、単位認定、現在の実施状況について説明がなされ、小学校側からは各校の実施状況が報告されました。
 頑張っている学生は、大学にとっても、小学校にとっても「うちの子」であることがわかるような貴重な意見交換の場となりました。

鈴虫@たま

鳴くよ鈴虫たまプラーザ たまプラーザキャンパスで飼育している鈴虫が、元気よく鳴きはじめました。鈴虫独特の「リーン、リーン」という音は、オスのみが発するもので、求愛行動のひとつです。現在は研究室エリアと教員室に巣箱が設置されています。

前へ

次へ