2012年07月11日(水)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

3年生就活スタートアップガイダンス

3年生を前に説明するキャリアサポート課担当者 本日、2104教室で前期最終となる「第3回 3年生対象就活スタートアップガイダンス」が開催されました。後期の就職活動開始に向けて、自己分析や業界研究、筆記試験対策など、夏季休暇中にしておかなければならない準備についてキャリアサポート課担当者より説明を受けました。
 会場はほぼ満員で、就活がいよいよ目前に迫ってきたという状況の中、皆さん真剣な眼差しで説明を聞いていました。”勝負の夏”はこれから。本番に向けて頑張ってください。

ツバメの親子@たま

ヒナに餌をやるツバメの親 6月29日の取材日誌でご紹介したたまプラーザキャンパスに巣を構えているツバメの親子。カラス対策のネットの効果もあり、2羽のヒナはすくすく成長しています。
 今朝もヒナのために餌を運ぶ親鳥は大忙し。休むことなく飛び回り餌を運んでいました。

 加藤季夫人間開発学部教授によれば、「2,3日中にはヒナは巣立つのではないか。」とのこと。幾多の困難を乗り越えて無事に大空に羽ばたいてほしいものです。

映画「つやのよる」撮影@たま

準備をするスタッフ たまプラーザキャンパスでは、映画「つやのよる」の撮影が行われました。こちらは、「GO」「世界の中心で愛をさけぶ」等で知られる行定勲監督の作品で、来年新春公開予定とのこと。
 ピロティを使っての撮影では機材を持ったスタッフが慌ただしく行き来し、「本番」の声がかかると張り詰めた空気が流れていました。

女郎花とミツバチ@たま

女郎花にとまるミツバチ たまプラーザキャンパス正門横にある「万葉の小径」。万葉集にも詠まれる植物を栽培しています。
 見ごろを迎えた黄色い花は、「女郎花(おみなえし)」。青い空に黄色い花がいつもより映えていました。女郎花の小さな花を観察しているとミツバチの姿が。本学が行っている「万葉エコBeeプロジェクト」で飼っているミツバチでしょうか。
 7月に入りミツバチの活動が一番活発になる時期になりました。暑さに負けずたくさんの蜜を集めてくれることでしょう。

朝顔@たま

朝顔@たま 朝9時ごろのたまプラーザキャンパス体育館上広場の花壇では、朝顔が色鮮やかに花を咲かせていました。
 
 太陽が顔を出すとともに花を咲かせ、お昼ごろには花をしぼめてしまう朝顔。試験勉強でついつい夜更かしている方も多いかもしれませんが、朝顔のように早寝早起きで体調を整えて試験に臨んでください。

前へ

次へ