2012年06月23日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

渋谷学

根岸茂夫先生の講演風景 創立130周年記念事業の1つとして先週開講した地域連携講座「渋谷学―今と昔とこれからと―」の第2回が、10時30分から120周年記念2号館2103教室で開催され、約50名が受講されました。
 本日は「渋谷の近世―谷間の風景とその変貌―」と題して根岸茂夫本学文学部教授が講演。
 東京は樹枝状に谷が入り込む地形であり、谷間の地名には、渋谷をはじめ、四谷・千駄ヶ谷・幡ヶ谷など地名に「谷」がつき、その多さからも形状を伺い知ることができます。
 地形を反映した村落の発展状況など、台地に刻まれた歴史について語りました。

國文學會春季大会

マンジュシェリー・チョーハン教授の講演 平成24年度國學院大學國文學會春季大会が13時30分から120周年記念1号館1105教室で明日まで行われています。
 今日は、公開講演会として新谷尚紀本学教授とインド国立ジャワハルラル・ネルー大学マンジュシェリー・チョーハン教授の講演が行われました。
 インドからお越しいただいたチョーハン教授は、過去国費留学生として本学で学ばれたことがあり、ネルー大学の日本文学と日本語の研究と教育について流暢な日本語でお話しされました。
 明日は、大学院生等による研究発表会が行われます。

日本文化を知る講座

神田典城先生の講義風景 第38回日本文化を知る講座「1300年目の古事記」が、120周年記念2号館2101教室で6月の土曜日13時30分から開催されています。
 第3回となる本日は、神田典城学習院女子大学教授による「出雲と古事記」。「八岐の大蛇」や「国譲り」など、古事記にも数多く登場し、「現実の世界で特異な存在だった」という出雲について、古代出雲大社の社殿や島根県で発掘された青銅製祭器に触れながらお話されました。

万葉エコBeeプロジェクト

取材を受けているところ たまプラーザキャンパスで活動中の万葉エコBeeプロジェクトが、テレビ神奈川の取材を受けました。
 来週30日(土)には初めての一般公開イベントが開催されます。30日に関しては定員に達したため申し込みを締め切っておりますが、今後の活動等は下記ホームページでご確認ください。

学びへの誘い@滝川

平曲を演奏する鈴木先生 「物語にみる源平合戦ー國學院大學学びへの誘い」は、北海道にあります國學院大學北海道短期大学部のサマーフェスタの一環として開催されています。
 新潟大学教授で前田流平家琵琶橋本敏江門下の鈴木孝庸氏による「『平曲』-平家物語の語り」と題した琵琶の演奏と解説が17時から体育館で行われ、「祇園精舎」、「入道逝去」、「那須与一」の3曲を披露しました。
 200人以上来場したこちらの様子は明日のNHK朝のニュースで放送予定です。

 また、鈴木先生は、「学びへの誘い」新潟会場(NSTギャラリー)での企画の一環で、8月19日(日)14時~同NST会場で平家琵琶の演奏と解説をしていただきます。事前申し込み制となっていますので、興味のある方は下記サイトからお申込みください。

 渋谷キャンパスから歩いて5分ほどのところにある渋谷区ふれあい植物センターでは、本日から27日(水)まで第8回ホタル観賞会「ホタルの夕べ2012」を開催中です。
 運がよければこちらでも「ヘイケ」と「ゲンジ」の両方が観賞できます。16時から21時までの5日間限定の夜間特別無料開放となっています。お帰りの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

前へ

次へ